検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

81495A IEEE802.3ae-LR/-ER光トランシーバ・ストレス・テスト用基準レシーバ

販売/サポート: 販売終了製品 | サポート継続中
販売終了

主な特長と仕様

光波長レンジ

  • 750 nm~1650 nm

O/E帯域幅

  • 9.3 GHz

立ち上がり/立ち下がり時間

  • < 35 ps

概要

Keysight 81495Aシングルモード基準レシーバは、IEEE 802.3ae-LR/ER/10 G FCのトランシーバ・ループバック・テスト用に最適化されています。このモジュールは、業界標準のLMS 816xBプラットフォームと使用します。

LMSプラットフォーム用のさまざまな光モジュールと組み合わせることで、あらゆるテスト・アプリケーションを短時間で構築できます。またリモート制御により、内蔵パワー・メータを使って光アベレージ・パワーのモニタとRF信号検出を同時に行えます。

この基準レシーバは9 GHzを超えるアナログ帯域幅と、内蔵の増幅器を備え、電気スペクトラム・アナライザやオシロスコープと組み合わせて光信号を解析することにより、O/Eコンバータのテストにも使用できます。

利点

  • N4917A光レシーバ・ストレス・テスト・ソリューションと組み合わせるこにより、完全なIEEE 802.3ae-LR/-ERストレス・テストが可能
  • クリーンなアイによる優れた10GbEループバック・テスト性能
  • 低雑音/低ジッタで信頼性の高い光/電気変換をサポート
  • 内蔵アベレージ光パワー・メータによる高速な信号レベル検証/診断
  • Keysight 816xB LMSプラットフォームへのシームレスな統合