検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

E5250A 低リーク・スイッチ・メインフレーム

購入窓口
  • Keysight - 通常、製品お届けまで 7 週

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

特長

  • E5252Aマトリクス・カードおよびE5255Aマルチプレクサ・カードをサポート
  • E5252Aマトリクス・カードはコスト・パフォーマンスの高い非ケルビン・スイッチング・マトリクス機能をサポート
  • E5255Aマルチプレクサ・カードは長期的なマルチサイト信頼性テストをサポート
  • Keysight EasyEXPERTソフトウェアによりスイッチ設定制御および自動化

測定能力

  • 4156C、B1500AまたはE5270B HRSMUを使用したスイッチによる20 fAの測定分解能
  • 過渡電流セトリング時間(< 450 fAまで): 3.5 s未満(10 V入力ステップ) (補足情報)
  • E5252Aカード使用時に10 MHzの帯域幅 (補足情報)
  • E5252Aマトリクス・カードの使用により、低電流(triaxial)経路で10 TΩのチャネル・アイソレーション

アーキテクチャ(E5252Aマトリクス・カード使用)

  • 低電流(triaxial)入力6ヶおよび汎用(同軸)入力4ヶ
  • x12、x24、x36、x48の三重同軸(triaxial)出力構成をサポートするモジュラ・デザイン
  • 三重同軸(triaxial)入力1~4は専用の内部経路を有する。
  • 三重同軸(triaxial)入力5~6および4つの同軸入力は多重化(3:1)され、2つの内部経路を共有

アーキテクチャ(E5255Aマルチプレクサ・カード使用)

  • カード1枚あたり、低電流(triaxial)入力6ヶおよびDCバイアス(同軸)入力3ヶ
  • x24、x48、x72、x96の三重同軸(triaxial)出力構成をサポートするモジュラ・デザイン
  • 最高4台のE5250Aメインフレームを結合することで最高384の出力チャネルをサポート

概要

Keysight E5250A 低リーク・スイッチ・メインフレームは、Keysight 4155Cや4156Cなどの単体の測定ステーションを自動測定システムへ拡張します。プラグイン・モジュールにより、 汎用パラメトリック測定用のクロスポイント・マトリクス、または長期信頼性評価を行なうマルチプレクサとして構成することができます。

またE5250Aは、構成オプションにより、最大48出力の汎用パラメトリック測定、あるいは最大4台のメインフレームを組み合わせることにより最大384チャネルの長期信頼性評価に対応したシステムを構築することができます。

これまで大型で高価なスイッチでなければ実現できなかった多数のチャネルのシステムと低価格のストレス・ソースにより、多数のデバイスのテストを平行して効率的に実行できるため、コストと時間を大幅に削減できます。さらに高い確度と一貫したテスト結果も同時に実現します。

仕様につきましてはこちらをご覧ください。

E5250A Details

 

特長

 

汎用パラメトリック測定用の10 x 12 マトリクス・スイッチ

  • テスト・ストラクチャ上の多数デバイスを連続測定
  • 10個の入力と48個の出力により柔軟性と高精度を実現
  • I-V測定用の2つの低リーク入力ポートと4つの標準入力ポート
  • 正確な容量補正を備えた2つのC-V経路
  • バイアス印加、パルス印加した測定のための補助入力 x 2

 

信頼性テスト用の24 (8 x 3) チャネル・マルチプレクサ

  • 効率的なパラレル・テストが可能な384チャネル
  • 低コストの電源による一貫したストレス・テスト
  • サージ保護による正確なテスト結果
  • 屋内で使用できる温度範囲の広いケーブル

関連する業種&テクノロジー