検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

J8120A 車載ネットワーク用プロトコル・テスタ・シリーズ 500 (VPT501) (まもなく販売完了のため、現在販売を見合わせております。)

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

主な特長と仕様

ハードウェアの特長

  • 2 個の CAN、2 個の LIN インタフェース
  • CAN 用の統合型トランシーバ機能
  • 8 個のデジタル I/O
  • スタンドアロン・データ・ロガー・モード

技術仕様:

  • すべてのインタフェースに対して 1 μs の同期精度
  • 100 Mbps のイーサネット・リンク
  • 2 GB の内蔵メモリ
  • 内部/外部トリガ

構成

  • CAN Database Files (.dbc)、LIN Descriptor Files (.ldf)、Measurement Configuration Files (.mcf) などの既存のネットワーク・データベースのインポートが可能
  • 自動通信パラメータ・テスト
  • シングル・クリックによるノード/ネットワーク・エミュレーション
  • コードレスのファンクション・チェーン検証

ソフトウェアの機能

  • 強力な総合解析機能
  • ネットワーク・タイミング・エラー (システム、ノード、ゲートウェイ) の効果的な識別
  • 信号チェーンの許容範囲のテスト/検証
  • カスタム・シミュレーション/テストの開発

概要

まもなく販売完了のため、現在販売を見合わせております。

当製品は岡谷エレクトロニクス株式会社にて販売・サポートを行っております。
製品に関するお問い合わせ・お見積もりに関しましては下記宛にお問い合わせ下さい。

岡谷エレクトロニクス株式会社
(名古屋支店)
オートモーティブ&
特定マーケット営業グループ
TEL: 052-571-6441
FAX: 052-571-6443
e-mail:info@oec.okaya.co.jp
URL: www.oec.okaya.co.jp 


車載ネットワーク用プロトコル・テスタ・シリーズ 500 (VPT501) は、さまざまなテスト手法、信頼性に優れた測定データにより、効果的なネットワーク・テストが可能です。

VPT501 は、一般的なデータベース・フォーマット (.dbc、.ldf、.mcf) をサポートすることにより、既存の通信システム・データベースを効率的に再利用できます。また、機能を拡張して、より詳細なタイミング・パラメータを含めることができます。データベースを定義することにより、コードを開発せずに、レスト・バスのエミュレーションやテストの設定が効率的に行えます。さらに優れた拡張性、柔軟性により、仕様に準拠しない通信パターンを自動的に特定し、データ・スループット・タイミング、ゲートウェイ遅延、データ同期、エラー・フレーム、欠落データなどの複雑な問題を解決できます。VPT501、は従来からのテスト手法では識別できなかったネットワーク関連の不具合を特定して解決できるツールです。

関連リンク:

Mentor Graphics社との戦略的なパートナーシップ