検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

主な特長と仕様

使いやすさ

  • 短時間で習得可能なグラフィカル・ユーザ・インタフェース
  • 自動デバッグ機能の搭載により、ボタンを1回クリックするだけで、デバッグ時間が数日から数時間に短縮

テスト・カバレージ

  • iVTEPと新しいNPM(ネットワーク・パラメータ測定)技術の採用により、テスト・カバレージが拡大

自動ガード

  • 自動ノード・ガーディング機能の搭載により、ガード・ポイントの回路図を手作業で調べる必要がなく、デバッグの所要時間を短縮可能

投資の保護

  • ほとんどのMDAフィクスチャに対応。このシステムは、既存のMDAからテスト機能を向上させたいメーカの投資を保護します。

概要

U9401Aは、コスト・パフォーマンスの高いインサーキット・テスト (ICT) システムで、ケーブル接続で代表的なMDA型フィクスチャに対応しています。

i1000 Pのモジュール・デザインは、最大35枚のunmuxアナログ・カード構成で、最大2240のノード数の基板に対応できます。

ユーザ・フレンドリーなグラフィカル・ユーザ・インタフェースは、使いやすいだけでなく、FPY(ファースト・パス歩留まり)をリアルタイムに一目で確認できます。

プローブ・ピン・ロケータ機能を使用すれば、不良デバイスやピンが強調表示されるので、簡単に見つけられます。

日本語データシートはこちらから:

Keysight Medalist i1000インサーキット・テスト・システム(PDF 1.66 MB)