検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

89604A ディストーション・テスト・スイート

販売/サポート: 販売・サポート終了製品
販売終了

主な特長と仕様

最先端のMCPAデザインのリニアリティ目標の設定に最適

  • 広帯域入力信号を使用した、AM/AM、AM/PM測定
  • 最大80 MHzの解析帯域幅
  • データに対するカーブ・フィッティングと理想基準の表示
  • 時間同期スティミュラス/レスポンス・データのエクスポート
  • 手動/自動での測定設定
  • Keysightのさまざまなシグナル/スペクトラム・アナライザとの互換性
  • 柔軟なライセンス:ノードロックまたはフローティング

概要

後継製品:計測お客様窓口までお問い合わせください

89604A歪みテスト・スイート・ソフトウェアでは、最大80 MHzの広い帯域幅のI/Q変調信号により、MCPAのAM/AMおよびAM/PM歪みを正確に測定できます。このソフトウェアは、広帯域測定手法が採用され、メモリ効果や局部加熱などの微小な歪みを印加して測定できます。

MCPAの歪みを正確に測定するためのさまざまなツール

  • 強力な測定機能:AM/AM、AM/PM、PDF、CCDF、「デルタ」EVMなど
  • グラフィックおよびデータ・サマリ・テーブルによる、MCPAの性能評価:利得、遅延、カーブ・フィッティング係数

サンプリングした波形へのアクセス

  • スティミュラス/レスポンス波形は、さまざまなファイル・フォーマットでデジタイズされているので、独自のカーブ・フィッティング・アルゴリズムを使用して波形を処理することができます。
  • サンプリングは正確に同期され、増幅器を原因とする遅延や位相オフセットは除去され、振幅はパディング・アッテネータ用にスケーリング/補正されます。
  • リサンプリング・アルゴリズムを使用すれば、データのサンプリング・レートを選択してカーブ・フィッティング・アルゴリズムの要件に合わせることができます。

容易で柔軟な測定セットアップ

  • 手動1チャネル測定と自動2チャネル測定用に設定できます。
  • 実環境信号、テスト信号、ノイズライク信号に対応できます。
  • Keysightのスペクトラム・アナライザやモジュラVXIベースのベクトル・シグナル・アナライザと組み合わせて使用します。
  • 89604A/ANソフトウェアをPCにロードし、ご使用のアナライザをLANまたはGPIB経由で接続すれば、歪み測定を開始できます。