検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

E6701B GPRSラボ・アプリケーション

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

主な特長と仕様

  • 選択可能なトリガ、フィルタ、ログ・サーチ機能
  • トラフィック・オーバビューでは、個々のビット・フィールドのデコード表示やラベルをつけることが可能
  • 生データを16進、10進、2進形式で表示可能
  • E1964A GPRS移動機テスト・アプリケーションの全機能を装備
  • ワールドワイドのサービスとサポート

概要

Keysight E6701B 8960シリーズ10無線通信テスト・セット用のGPRSラボ・アプリケーションは、エンドツーエンドの接続性試験と実世界のアプリケーション・シナリオの検証を可能にし、新しいワイヤレス・デバイスのデザインを正確に検証することができます。このラボ・アプリケーションはワイヤレス・デバイス開発専用に設計されており、デザイン・エンジニア一人一人の手元に置ける低価格を特長としています。

E6701Bを使うことによりR&Dエンジニアは、RF測定機能を持つネットワーク・エミュレータを手元に置くことができ、GPRSワイヤレス・デバイス・デザインのトラブルシューティングや検証をすばやく行うことができます。包括的なこのテスト・セットのプロトコル解析とデータ・チャネルを使用することにより、デバイスのシグナリング機能、IP性能、ユーザ評価を正確にでき、検証することができます。これらの高度な機能を持つ8960シリーズ10無線通信テスト・セット(E5515C)は、現在入手できる最も進んだ測定器の1つです。

過去の音声専用の電話機に比べて、データ・デバイスはプロトコル・メッセージが大幅に増え、ハードウェア・デザインに対する要求が厳しくなっています。また、デバイスのレシーバ機能や、さまざまな条件でのデータ・スループットをテストするために、現実的なデータ・フローをデバイスに与える必要があります。E6701Bは、E6701A GPRSラボ・アプリケーション(2001年10月発売)が初めて実現したインターネットへのIPデータ接続機能を備えています。これに加えて、プロトコル・イベントに基づいて外部機器をトリガする機能、SMSのサポート、パケット・ブロードキャスト制御チャネル(PBCCH)、アドバンスド・プロトコル解析、その他さまざまなプロトコル拡張など、お客様から要望のあった機能が追加されています。

  • 開発者独自のメッセージ(生データのみ)を含む、レイヤ間およびピアツーピア・メッセージのリアルタイム・ロギング
  • 選択可能なトリガ、フィルタ、ログ・サーチ機能
  • 記録されたメッセージ情報を表示するトラヒック・オーバビュー機能
  • 各メッセージについて個々のビット・フィールドをラベル付きで示すデコード表示
  • 生データを16進、10進、2進形式で表示可能
  • E1964A GPRS移動機テスト・アプリケーションの全機能を装備
  • 世界規模のサービスとサポート