検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

推奨の代替製品:

主な特長と仕様

信号の作成

  • アップリンク/ダウンリンクTD-SCDMA(TSM)
  • 最大7つのトラフィック・タイムスロット、1タイムスロットあたり最大16個のコード・チャネルを持つパイロット・タイムスロット
  • BER/BLER用の17種類のフル・コード化されたトランスポート・チャネル・タイプ
  • チャネルのミッドアンブル、スイッチング・ポイント、拡散コード、データ・タイプ、パワー・レベルなどの設定

信号発生器の制御と相加性信号障害

  • 周波数、振幅、I/Q極性、フィルタリングなどの制御
  • リアルタイムAWGN
  • BER/BLERエラーの挿入

自動化/通信インタフェース

  • SCPIによる波形再生の自動化
  • 10BaseT LANおよびGPIB

その他の特長

  • グラフ:I(t)、Q(t)、I(t)+Q(t)、P(t)、スペクトラム、CCDF
  • オンライン・ドキュメントおよびヘルプ
  • ソフトウェア・インタフェースの無料評価

概要

TD-SCDMA(TSM)コンポーネント/レシーバのテスト

E4438C ESG用TD-SCDMA(TSM)オプションは、3G移動無線機/基地局/その無線コンポーネントの開発や製造で使用する強力な信号作成ソフトウェアを提供します。シンプルなPCユーザ・インタフェースにより、カスタム信号を迅速に設定したり、LAN/GPIBインタフェース経由でSCPIを使用することができます。

コンポーネント・テスト用の現実的なテスト信号の作成

最大7個のトラフィック・タイムスロットをアップリンク/ダウンリンク・パイロット・タイムスロットで定義することにより、アップリンク/ダウンリンクTD-SCDMA(TSM)コンポーネントをテストすることができます。各タイムスロットに最大16個のコード・チャネルをロードでき、実環境条件のシミュレーションで重要なクレスト・ファクタが高い信号を発生できます。

BER/BLER解析用のトランスポート層のコード化信号

柔軟なトランスポート層のコード化されたTD-SCMDA(TSM)チャネルにより、レシーバのRF/ベースバンド・サブセクションをテストすることができます。最大7個の個別に構成されたチャネルを、1個以上のタイムスロットに割り当てることができます。また、フル・コード化されたチャネルに、複数の部分コード化されたチャネルを追加して、システム内の他のユーザをシミュレートすることができます。BER/BLER解析の実行時は、17種類のコード化チャネル・タイプ、複数のデータ・タイプ、制御パラメータから選択し、AWGNを追加して、ビット/CRCエラーを挿入します。E4438C-403

ユーザ・インタフェースの評価

Signal StudioをPCにダウンロードし、購入前にユーザ・インタフェースを操作し、信号作成機能を評価することができます。このソフトウェアで作成した信号を発生するには、各ベクトル信号発生器に個別にライセンスが必要です。

代表的なアプリケーション

TD-SCDMA(TSM)用Signal Studioは、TD-SCDMA(TSM)の移動/基地局トランシーバやそのコンポーネントのテストに適しています。代表的なアプリケーションには以下があります。

  • フィルタ/増幅器の性能評価
  • ASIC/DSPコード化アルゴリズムの開発/デバッグ
  • レシーバのBER/BLER解析

このオプションは、製品アップグレードとして追加することはできません。本体と同時購入時にのみ利用可能です。