検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

E4438C-408 エンハンスド・マルチトーン用Signal Studio

販売/サポート: 販売終了製品 | サポート継続中
販売終了

推奨の代替製品:

主な特長と仕様

信号の作成

  • 歪みのない2トーンおよびマルチトーン・テスト信号の作成
  • PCベースのインタフェースを使用して最大1024個のトーンを設定可能
  • スペクトラム・アナライザを使用しプリディストーションを自動的に適用して、信号品質を向上しテストの不確かさを最小に抑えることができます。
  • IMD抑圧>70 dBc

自動化/通信インタフェース

  • COMベースのAPIによるテストの自動化
  • 10BaseT LANおよびGPIB

その他の特長

  • グラフ:CCDF曲線
  • オンライン・ドキュメントと内蔵ヘルプ

概要

3次IMDが80dBcを超える2トーン/マルチトーン信号の作成

エンハンスド・マルチトーン用Signal Studioは、E4438C ESGベクトル信号発生器を使用して発生する、2トーンおよびマルチトーン・テスト信号の信号品質を最適化するソフトウェアです。このアプリケーションは、高度なプリディストーション・アルゴリズムを使用して、1台の信号発生器から、被試験デバイスの入力部で仮想的に相互変調歪み(IMD)成分のないマルチトーンを発生することができす。 マルチトーン・テスト信号は、複数台のアナログ信号発生器からの信号を加算するのではなく、Signal Studioのグラフィカル・インタフェースや内蔵のCOMベース・アプリケーション・プログラミング・インタフェース(API)を使用して容易に構成することができます。アプリケーションには、多くの柔軟な機能があり、位相関係などの個別のトーン特性の設定、搬送波周波数を中心に80 MHz帯域幅以内へのトーンの配置が行えます。この高度な信号発生手法は、従来のアナログ・マルチトーン・テスト手法よりも、優れた信号品質を提供しテスト・コストや複雑さを低減します。

ユーザ・インタフェースの評価

Signal StudioをPCにダウンロードし、購入前にユーザ・インタフェースを操作し、マルチトーン信号作成機能を評価することができます。このソフトウェアで作成した信号を発生するには、各E4438C ESGベクトル信号発生器に個別にライセンスが必要です。プリディストーション・アルゴリズムを適用するには、PSAシリーズ・スペクトラム・アナライザも必要です。

代表的なアプリケーション

エンハンスド・マルチトーン用Signal Studioは、歪みのない2トーンおよびマルチトーン・テスト信号の作成に適しています。一般的なアプリケーションとして、増幅器、ミキサなどの非線形デバイスのIMD、群遅延、フラットネスの特性評価があります。また、このソフトウェアを使用して、干渉およびブロッキング・テスト用に最大1024個のディスクリートCWトーンを作成することもできます。

このオプションは、製品アップグレードとして追加することはできません。本体と同時購入時にのみ利用可能です。