検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

85099C RF電子校正(Ecal)モジュール、300 kHz~3 GHz、F型、2ポート

購入窓口

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

  • 300 kHz~3 GHzの周波数レンジ
  • 単一接続でフル2ポート校正を高速に実行
  • 簡単なノンインサータブル・デバイス校正
  • NISTにトレース可能な正確な校正
  • コネクタの消耗を低減
  • PNAおよびENAシリーズ・ネットワーク・アナライザから直接制御可能なUSBインタフェース
  • 信頼性の高いソリッドステート・スイッチング

概要

Keysight 85099C RF電子校正(ECal)モジュールを使えば、ベクトル・ネットワーク・アナライザの校正を高速、容易かつ正確に実行できます。ECalは、ベクトル・ネットワーク・アナライザのための高精度の単一接続校正方法です。ECalを使えば、フル2ポート校正に必要な時間と接続の数を、機械式校正キットに比べて半分にできます。しかも、校正の確度は電子式でも機械式でも同程度です。従来の機械式校正には、オペレータによる煩雑な操作が必要で、誤りの余地も多くありました。ECalの場合、オペレータの作業は単にECalモジュールをネットワーク・アナライザにつなぐことだけで、残りの作業はソフトウェアで制御されます。

ECalモジュールはトランスファ標準で、工場校正の確度でネットワーク・アナライザを校正することができます。新しい85099C RF電子校正システムは、ネットワーク・アナライザに応じて2つの方法のどちらかで容易に制御できます。Keysight PNAおよびENAシリーズ・ネットワーク・アナライザは、USBインタフェース経由でモジュールを直接制御します。Keysight 8753E/ES/ETネットワーク・アナライザの場合は、モジュールを制御するために85097Bインタフェース・キットが必要です。

  • 単一接続でフル2ポート校正を高速に実行
  • 簡単なノンインサータブル・デバイス校正
  • NISTにトレース可能な正確な校正
  • コネクタの消耗を低減
  • PNAおよびENAシリーズ・ネットワーク・アナライザから直接制御可能なUSBインタフェース
  • 信頼性の高いソリッドステート・スイッチング