検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

変調解析測定パーソナリティ

販売/サポート: 販売終了製品 | サポート継続中
販売終了

主な特長と仕様

特長

  • 信頼性の高いI/Q変調の解析と視覚化
  • 多様な測定表示により、最も共通するタイプのエラーの検出が簡単
  • 総合的な表データから、エラーの特定が容易
  • エラーを突きとめるためのシンボル・ドット機能。トレースに関連したシンボルの位置を特定するドットをアクティブにできます。エラーのパターンは、エラーの原因を正確に特定する上で役立ちます。

概要

Keysight ESA-Eシリーズ・スペクトラム・アナライザ変調解析測定パーソナリティ (オプション229) 付きは、測定データを数値やグラフなどで見ることができ、柔軟性の高い汎用スペクトラム解析を実現しています。これにより、主な携帯電話標準のディジタル変調信号に対する雑音を迅速に特定しその大きさを求めることができます。基本的にESA-Eでは、スペクトラム測定とベクトル測定を1つの測定ツールで行うため、機器を追加する必要も少なく、測定確度を保持し、システム開発時間を最小限にすることができます。

QPSK、OQPSK、π/4 DQPSKまたはEDGE (8PSK) ベースバンド変調フォーマットを使用する任意の信号に対してベクトル変調解析を行うことができます。対象とする携帯電話標準は、cdmaOne、cdma2000、W-CDMA、NADC、EDGE、PDC、TETRAです。 ESA-Eシリーズ・スペクトラム・アナライザ用の変調解析測定パーソナリティでは、ディジタル通信システムで最も普及している変調品質メトリックであるエラー・ベクトル振幅 (EVM) を測定することができます。EVMに関連するメトリックには、I/Q振幅、I/Q位相、I/Q周波数、I/Qオフセット (搬送波フィードスルー) および振幅ドループがあります。表示ツールは、I/Qアイダイアグラム、ポーラ・ベクトル、コンスタレーション、振幅エラー対シンボル、位相エラー対シンボル、EVM対シンボルで表示できます。

  • 信頼性の高いI/Q変調の解析と視覚化
  • 多様な測定表示により、最も共通するタイプのエラーの検出が簡単
  • 総合的な表データから、エラーの特定が容易
  • エラーを突きとめるためのシンボル・ドット機能。トレースに関連したシンボルの位置を特定するドットをアクティブにできます。エラーのパターンは、エラーの原因を正確に特定する上で役立ちます。
  • ワンボタン操作による、フォーマット・コンフィギュレーションの切り換え
  • 使いやすい表示ツール (アイ、コンスタレーション、およびベクトル・ダイアグラム) によりトラブルシューティングが容易
  • ユーザが選択可能な復調フォーマット、フィルタリング、シンボル・レート
  • マニュアルがなくても操作がわかるヘルプ・キーを内蔵