検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

Bluetooth(TM)測定パーソナリティ

販売/サポート: 販売終了製品 | サポート継続中
販売終了

主な特長と仕様

特長

  • 出力パワー: バーストとバースト内のピーク・パワーについて平均パワーを測定
  • 初期搬送波周波数許容値 (ICFT): Bluetoothの仕様により出力されるバーストの最初の4ビットを使用して、バースト・ターンオンでの搬送波ビヘイビアを測定
  • 搬送波周波数ドリフト: ペイロード・フィールドの搬送波ドリフトとドリフト・レートを測定し、バースト中の搬送波の安定性を測定
  • 変調特性: 2つのBluetoothデータ・パターンの周波数偏移を測定・比較

概要

Keysight ESA-Eシリーズ・スペクトラム・アナライザは、柔軟性の高い汎用スペクトラム解析と、ワンボタン操作による標準準拠のBluetoothトランスミッタ測定機能を提供します。Bluetoothに対するテストは複雑になる場合があります。多くの場合、最終結果を得るために、バースト信号を捕捉、復調し、データ・パケットを分解して測定するシンボルを特定し、測定を実行した後、生データを処理する必要があります。これらすべてを手動で行うと、測定のセットアップおよび仕様の理解に時間がかかります。

ESA-EシリーズBluetooth測定パーソナリティでは、信号の捕捉から結果の表示までのテストを自動化することにより、時間を短縮して複雑さを低減できます。必要なのは、トランスミッタ・テストをBluetooth測定メニューから選択し、測定結果を求めるためにボタンを1つ押すことだけです。

このツールを使用すると、Bluetoothで定義されている通りに、Bluetoothトランスミッタ・テストを実行できます。各測定は、Bluetooth SIGドキュメンテーションに適合しています。正式な適合性テストに提出する前に、このツールを使って設計の適合性について事前にチェックすることもできます。 Bluetooth is a trademark owned by the Bluetooth SIG, Inc. and licensed to Keysight Technologies

  • ボタンを1つ押すだけで利用できる主なBluetoothトランスミッタ測定
  • 出力パワー: バーストとバースト内のピーク・パワーについて平均パワーを測定
  • 初期搬送波周波数許容値 (ICFT): Bluetoothの仕様により出力されるバーストの最初の4ビットを使用して、バースト・ターンオンでの搬送波ビヘイビアを測定
  • 搬送波周波数ドリフト: ペイロード・フィールドの搬送波ドリフトとドリフト・レートを測定し、バースト中の搬送波の安定性を測定
  • 変調特性: 2つのBluetoothデータ・パターンの周波数偏移を測定・比較
  • 出力スペクトラム-20dB帯域幅: Bluetoothトランスミッタの-20dB帯域幅を算出
  • 隣接チャネル漏洩電力 (ACP): メイン・トランスミッタ・チャネルとその隣接チャネルを除く、Bluetooth動作帯域 (2402 MHz-2480 MHz) 全体について、チャネル放射電力を測定
  • 帯域/チャネルのモニタ: ホッピング信号が全帯域を使用しているかどうかを調べるために、広帯域周波数掃引を設定します (バンド・モード)。最適なアナライザ設定を使用してチャネルを表示します (チャネル・モード)。
  • 変調のオーバビュー: 低いサンプリング・レートでのICFTと変調メトリックスの迅速な測定

関連する業種&テクノロジー

トレーニング、イベント