検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

ケーブルTV測定パーソナリティ

販売/サポート: 販売終了製品 | サポート継続中
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

主な特長と仕様

特長

  • 搬送波レベルと周波数
  • 搬送波対雑音比
  • 複合2次/複合3重ビート
  • HUM
  • 変調の深さ
  • TVピクチャ・オン・スクリーン
  • チャネル・チューニング・プラン - ユーザ設定可能または標準を選択
  • TV標準の選択 - NTSC/PAL

概要

Keysight ESA-Eシリーズ・スペクトラム・アナライザは、ポータブルで堅牢なパッケージに、ワンボタンによる標準準拠のケーブルTV測定機能を内蔵し、この価格帯では最高の汎用スペクトラム解析を提供します。厳しい環境条件において、正確、容易かつ迅速に性能目標を実現するための拡張機能を備えています。

業界標準の8591Cをご存知であれば、オプション227の測定画面とメニューを容易に理解することができます。8591Cを超える10dBのダイナミック・レンジ、キャリア対雑音およびCSO/CTBを、複雑なバンドパス・フィルタを使用せずに測定することができます。 オプション227とさらに別のオプションを追加すれば、ESA-Eシリーズは5msの掃引時間と1秒当たり40回の測定によりイングレス・モニタリングに対応できます。ESAのその他の主な特長として、連続バックグラウンド・アライメント機能、5分間で済むウォーム・アップおよび5dBステップのアッテネータがあります。

New! TV側波帯アダプタと組み合わせるための2.1 - 3.0 GHz LO出力。 オプションHSBを使用すれば、テレビジョンの保守・調整においてESA (E4402BとE4407B) および側波帯アダプタ (Tektronix(R) 1405) を組み合わせて使用することができます。オプションHSBを使用するには、オプションIDNトラッキング・ジェネレータも必要となります。