検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

ケーブル障害位置パーソナリティ

販売/サポート: 販売終了製品 | サポート継続中
販売終了

主な特長と仕様

特長

  • マーカを使用して障害までの距離を容易に特定
  • 業界標準ケーブルからの 選択または手動でのケーブルの定義
  • 50または75オーム入力に対応
  • 50オームケーブル障害のハードウェア・キットが利用可能 - オプションB7K

概要

Keysight ESA-Eシリーズ・スペクトラム・アナライザは、ポータブルで堅牢なパッケージに、ワンボタンによる障害までの距離測定機能を内蔵し、この価格帯では最高の汎用スペクトラム解析を提供します。厳しい環境条件において、正確、容易かつ迅速に性能目標を実現するための拡張機能を備えています。

ケーブル障害位置パーソナリティとトラッキング・ジェネレータ (オプション1DNまたは1DQ) を追加することにより、汎用のESA-Eシリーズ・スペクトラム・アナライザをケーブル障害検出ツールとして使用することができます。ケーブル障害の位置の迅速な特定により、不良箇所の検出にかかる時間を短縮できます。 パーソナリティでは、反射測定を行い、反射トレースに対してFFT演算を実行します。結果は障害の大きさ対距離で表示されます。手動によるリターン・ロス測定も実行できます。

  • 簡単なセットアップとユーザ・インタフェース
  • マーカを使用して障害までの距離を容易に特定
  • 業界標準ケーブルからの 選択または手動でのケーブルの定義
  • 50または75オーム入力に対応
  • 50オームケーブル障害のハードウェア・キットが利用可能 - オプションB7K