検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

E4438C ESGベクトル信号発生器

販売/サポート: 販売終了製品 | サポート継続中
販売終了

主な特長と仕様

信号特性

  • 250 kHz~1、2、3、4、6 GHzの周波数(0.01 Hzの分解能)
  • +17 dBmの出力パワー
  • <-134 dBcの位相雑音(代表値、1 GHz、20 kHzオフセット)

変調および掃引機能

  • AM、FM、φM、パルス変調
  • ASK、FSK、MSK、PSK、QAM、カスタムI/Q
  • ステップ、リスト、周波数、パワー

ベースバンドの発生と信号作成

  • 80 MHzデュアル・モード内蔵ベースバンド発生器:任意波形およびリアルタイムI/Q
  • 64 Mサンプルの再生メモリと1 Gサンプルのストレージ
  • 基準信号の作成:LTE、HSPA+、WiMAX™、無線LAN、DVB-H、GPS/GNSS、MATLABなど - Signal Studio
  • PXBシリーズ ユニバーサル受信機テスタとの併用によるマルチチャネル・ベースバンド発生、N5102AデジタルI/O、MIMOフェージング、RF-RF間フェージング機能

自動化/通信インタフェース

  • 10BaseT LANおよびGPIB
  • SCPIおよびIVI-COMドライバ
  • 以前のESG/PSG/8648信号発生器で使用可能

概要

RF性能と最先端のベースバンド発生

E4438C ESG信号発生器は、優れたRF性能と高度なベースバンド発生機能により、ベースバンド、IF、および6 GHzまでのRF周波数の校正済みテスト信号を提供します。任意波形およびリアルタイムI/Q機能を備えた内蔵ベースバンド・ジェネレータ、大容量の波形再生/記憶メモリ、広いRF変調帯域幅を備えたE4438C ESGは、今日の複雑な無線システムとコンポーネントのテストに最適です。

テスト要件を満たすモジュラ・アーキテクチャ

E4438C ESGは、オプションによりカスタマイズできる柔軟なプラットフォームであり、単純な歪みテストや汎用のトラブルシューティングから、ベースバンド・コード化アルゴリズムの開発、高度なトランシーバ・デザインの検証、量産までのさまざまなベースバンド/RFテスト・アプリケーションに対応できます。モジュラ・アーキテクチャにより、現在必要な性能と信号作成機能を実現しながら、将来のアップグレードにも対応です。

新しいMXG Xシリーズ信号発生器への移行と真の性能の作成

新しいMXGは、パワー、ACPR、EVM、位相雑音、帯域幅、メモリ長などすべてのカテゴリでESGの性能を超えていて、リアルタイムおよび任意波形発生機能によりさまざまな信号シミュレーションが可能です。ESGから新しいMXGに移行する理由