検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

E4370A マルチセル・チャージャ/ディスチャージャ・メインフレーム

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

概要

Keysight E4370Aマルチセル・チャージャ/ディスチャージャ(MCCD)メインフレームは、リチウムイオン電池のテスト・システムに使用できます。1台のメインフレームに4台のチャージャ/ディスチャージャ・カードを収容でき、一度に256個の電池を充放電できます。充電は、ユーザが用意する24V固定電源によって行います。

各MCCDは、256個の電源出力と256個の電子負荷を持ち、それぞれの定格は5V 2Aまたは3Aです。プログラム・シーケンスは充電と放電のステップで構成され、製造での配電制御が可能です。このプログラムはLANを介して複数のMCCDにダウンロードでき、ダウンロードされたプログラムは各MCCDで実行されます。データも、同様にLANを介して収集できます。また、MCCDはディジタルおよびシリアル・ポートを装備しているので、ローカル制御も可能です。

E4371Aパワーバス負荷は放電に使用する装置で、フル負荷の2台のMCCDからパワーを消費します。

メインフレームに収容するE4374Aチャージャ/ディスチャージャ・カードは、1台で64個の充放電チャネルを持ち、それぞれの定格は5V 2Aです。各チャネルは独立して制御でき、定電流と定電圧の充電と測定が可能です。また、定電流の放電を行うこともできます。

E4375Aチャージャ/ディスチャージャ・カードは各チャネルの定格が5V 3Aであり、その他の性能はE4374Aと同じです。

  • 自動データ収集/データ圧縮付きのフル・プログラマブル
  • 複数の安全機能を内蔵
  • ワールドワイドのサービスとサポート
  • プロセス最適化が可能な制御機能と測定機能
  • 高い信頼性と優れたデザイン品質
  • 詳しくは、Data Sheetのリンクをご覧ください。