検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

1693AD 34チャネル、200MHzステート/800MHzタイミング PCホステッド・ロジック・アナライザ

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

主な特長と仕様

ロジック・アナライザ構成

  • 34チャネル・ポータブル・ロジック・アナライザ
  • Windows XP Proのわかりやすいユーザ・インタフェースとなじみの操作
  • シングルエンド信号の広範なサポート、しきい値は-6 V~6 V(10 mV刻み)で調整可能

タイミング解析(非同期サンプリング)

  • 従来のタイミング測定を 800MHz/4Mメモリ(ハーフ・チャネル)、400 MHz/2Mメモリ(フル・チャネル)で
  • 200 MHz遷移タイミング、1 Mメモリ長

ステート解析(同期サンプリング)

  • 200 MHzステート解析、1 Mメモリ長
  • スレショルドおよびサンプル点の自動設定、高速バスの正確な測定を実現
  • 全チャネルの同時アイ・ダイアグラムにより問題のある信号をすばやく識別

構成に関する考慮事項

概要

Keysight 1693AD 34チャネル・ロジック・アナライザは、200MHzステート、800MHzタイミングおよび200MHz遷移タイミングの機能を備えています。PCをホストとするため、お使いのPC環境でデバッグ作業を実行できます。一般的なWindows®をベースとしたインタフェースにより、複雑なロジック・アナライザ測定も簡単に実行できます。すべての操作を直接1つのウィンドウから実行します。

トリガするにはボックスを描きます。キーサイトのSimple Trigger、Quick TriggerおよびAdvanced Trigger機能により、トリガリングの複雑さが解消されます。エッジとパターンによりイベントを定義する場合は、Simple Triggerのプルダウン・メニューを使用します。Quick Triggerでは、問題と思われるイベントが再発生するかどうかを、ディスプレイ上でそのイベントの周りにボックスを描くだけで確認することができます。 残りの操作はQuick Trigger機能が行ってくれます。文に似た構造を持つ、Advanced Triggerのドラッグ・アンド・ドロップ・グラフィック・アイコンを使用すれば、複雑なトリガ・シナリもカスタマイズすることができます。

  • PCをホストとするため設置面積が小さく、貴重な作業スペースを節約できます。捕捉したトレースを、お使い のPCのディスプレイ・サイズと分解能で表示できます。
  • ステート・モード: 200MHz速度、1Mメモリ
  • タイミング・モード: 400MHz/800MHz速度(フル/ハーフ・チャネル)、2M/4Mメモリ(フル/ハーフ・チャネル)
  • 遷移タイミング・モード: 200MHz速度、1Mメモリ
  • 1つの画面で効率的に操作できる一般的なWindows®インタフェース
  • プロービング・ケーブルには測定器の前面からアクセス可能
  • オフライン解析により時間と機器を効率的に使用できます。捉えにくいシステム・クラッシュを捕捉するためにア ナライザを動作させながら、Windows® PC上で捕捉済みのデータを解析することができます。
  • IEEE 1394ポートにより、Windows® 2000 Professionalを搭載している500MHz以上のIntel CeleronまたはAMD K-6 II (または同等) PCに直接接続できます。
  • 詳細については、「関連情報」の下の「1680 and 1690 Series LA Data Sheet(1680/1690シリーズLAデータ・シート )」リンクを選択してください。