検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

11616C バイアス・ネットワーク、4~18 GHz、10 W

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

主な特長と仕様

  • 周波数レンジ: 4~18 GHz
  • 挿入損失: 1.0 dB
  • 最大SWR: 1.5
  • インピーダンス: 50 Ω
  • RFパワー: 10 W以下、CW
  • バイアス電流: 4 A,バイアス電圧: 30 V
  • コネクタ: RF/DC SMA(メス)、RF SMA(オス)、DC SMC(メス)
  • 温度: 0~55℃

概要

Keysight 11616Cは、実験室や製造現場におけるテストや測定に使える広帯域バイアス・ネットワークです。 バイアス・ネットワークは、RFポートに対してDCブロックしながら、同軸コネクタの中心導体を使ってDUTにDCバイアスを供給します。 このデバイスは、広帯域と大電流大出力の能力を兼ね備えています。 ロード・プル、パルスドRFおよび一般の大パワー、および大電流バイアスなどの用途に理想的です。 RFコネクタは周波数範囲を拡張したSMAで、フィールドで交換可能です。