検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

89640S DC - 2.7GHzベクトル・シグナル・アナライザ

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

主な特長と仕様

DC~2.7 GHzの周波数範囲、36 MHzの解析帯域幅

  • -70 dBcのダイナミック・レンジ
  • <-157 dBm/Hzの感度
  • 信号捕捉/再生用の最大1.2 GBのメモリ

オプションの2つめのRF/IF/ベースバンド・チャネル

  • 2コヒーレントRFチャネル、MIMOアプリケーション用
  • ベースバンドIQ解析のための2つのベースバンド/IFチャネル

89600 VSAソフトウェア(ノードロックまたはフローティング・

  • Keysight独自のエラー解析機能 -- EVMの時間変換、経時の位相/振幅/周波数変動の時間変化、適応イコライゼーションなど
  • 最新の通信アプリケーション向け復調オプション: 3G、WLAN-HT、WiMAXなど
  • ADSデータへのダイナミック・リンクにより、シミュレーションをトラブルシュート、まだハードウェアとして存在しないブロック図内の要素を「仮想ハードウェア」として実現
  • 89600 VSAソフトウェアの実行にはお手持ちのPCまたはオプションのラップトップPCを使用

概要

89640A PCベース・ベクトル・シグナル・アナライザ(VSA)は、36MHzの帯域幅を提供して、ディジタル映像などの衛星信号、LMDS、802.11 bワイヤレスLAN、Bluetoothシステムなど最大2.7GHzまでのRF信号を測定します。その柔軟な復調機能は広帯域最新フォーマット信号の解析に最適で、最新ディジタル通信システムのデザインに適しています。 本アナライザの特長は、問題の存在とその原因をつきとめる適応イコライゼーションなど、ユニークなエラー解析ツールです。このような問題には、シンボル・タイミング・エラー、フィルタリング・エラー、DACオーバフロー、不正なsinX/X補正などのDSPエラー、さらにIQ不平衡、直交スキュー、IQオフセットなど多くのRF問題が含まれます。 この機能は、MATLAB、Mathcadなどの数学演算ツールで作成したシミュレーションに対しる測定にも使用できます。Keysight EESofのアドバンスド・デザイン・システム(ADS)CAEシミュレーションに対しては、リアルタイムのダイナミック・リンクを使用してこれらの測定を行えます。これにより、実際のハードウェアに対するように、シミュレーションのトラブルシューティング、調整、測定が可能です。 Keysight ESG信号源などに対する新しいADSリンクと組み合わせると、「仮想ハードウェア」を含んだシステムの構築が可能です。-- ここでは、ブロック図中の欠けた部分にシミュレーションを使用して、それらが実際に存在するかのように測定を行うことができます。

  • DC - 2.7GHzの周波数をカバー、解析帯域幅36MHz
  • 柔軟な復調機能、さまざまな規格フォーマットに対するワンボタンのセットアップ
  • Keysight独自のエラー解析機能 -- EVMの時間変換、経時の位相/振幅/周波数変動の時間変化、適応イコライゼーションなど
  • ハードウェア、およびEXCEL、MATLAB、Mathcadなど解析ファイルからのデータを測定
  • ADSデータへのダイナミック・リンクにより、シミュレーションをトラブルシュート、まだハードウェアとして存在しないブロック図内の要素を「仮想ハードウェア」として実現
  • 信号やトランジェントを記録できるタイム・キャプチャ機能により、それらを再現して解析