検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

主な特長と仕様

  • PNAシリーズのネットワーク・アナライザを使った直接制御用のUSBインタフェース
  • 他のアナライザの場合にはWindows(R)ユーザ・インタフェースを使用
  • 高速校正
  • 1回の接続で完全な2ポート校正
  • コネクタの摩耗を低減
  • NISTにトレーサブルな確度の高い校正
  • 信頼性の高いソリッドステート・スイッチング
  • ノンインサータブル・デバイスの校正が簡単

概要

Keysight PNAシリーズのネットワーク・アナライザは、USBインタフェースを介して直接モジュールを制御します。8753、8720または8510システムの場合には、Windows(R) 95またはNT(R) 4.0が動作するPCを使ってモジュールを制御します。

ECalは、ネットワーク・アナライザの校正に最適です。ECal校正キットを使って完全な2ポート校正を実行すれば、接続時間や接続数が機械式校正キットを使用した場合の半分以下になります。さらに、校正確度の点でも、電子的な校正方法と機械的な校正方法の間に差はありません。従来の機械的な校正では、煩雑な作業が必要となるためミスが発生しやすくなります。ECalを用いれば、ユーザの作業はEcalモジュールをネットワーク・アナライザに接続するだけとなり、残りはソフトウェアが制御します。

  • PNAシリーズのネットワーク・アナライザを使った直接制御用のUSBインタフェース
  • 他のアナライザの場合にはWindows(R)ユーザ・インタフェースを使用
  • 高速校正
  • 1回の接続で完全な2ポート校正
  • コネクタの摩耗を低減
  • NISTにトレーサブルな確度の高い校正
  • 信頼性の高いソリッドステート・スイッチング
  • ノンインサータブル・デバイスの校正が簡単