検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

W910C 固定終端 75 - 110GHz、WR-10C

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

主な特長と仕様

  • 動作時の平均電力が小さいテスト・システムの終端用
  • 印加された電力をほぼ完全に吸収し、低SWRを実現
  • 整合負荷が必要なあらゆる用途に最適

概要

Keysight W910C導波管負荷は、動作時の平均電力が小さいテスト・システムの終端用の負荷です。精密な設計により、印加された電力をほぼ完全に吸収することが可能で、低SWRを実現しています。導波管システムの反射、不連続部、障害物などの測定をはじめ、整合負荷が必要なあらゆる用途に使用できます。

  • 動作時の平均電力が小さいテスト・システムの終端用
  • 印加された電力をほぼ完全に吸収し、低SWRを実現
  • 整合負荷が必要なあらゆる用途に最適