検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

Q752C 導波管カプラ、33 - 50GHz、10dB

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

主な特長と仕様

  • 高いカップリング確度
  • 優れた方向性
  • 低SWR

概要

Keysight 752シリーズ・カプラは、多くのマイクロ波測定アプリケーションに不可欠な部品です。減衰値測定、リフレクトメータ設定、パワー測定、ソース・レベリング、ネットワーク解析など、方向性結合器は広範囲のアプリケーションで利用されます。 Keysight Q752Cカプラは、スプリット・ブロック・テクノロジを使って設計されており、33dB以上の方向性を示します。スプリット・ブロック・デザインは、26.5?110.0GHzの導波管に必要なきわめて小さな内部寸法を高い精度で加工するために用いられています。スプリット・ブロック・ユニットは、この種のアプリケーションに一般的な、整合する位置合わせピンを備えた高精度の円形カバー・フランジによってインタフェースに装着されます。 すべてのカプラは、周波数掃引テストによって、主ガイドのSWRと方向性の仕様が正確であることを検証されています。性能特性は湿度、温度、時間の影響を受けません。このため、マイクロ波分野の「標準」測定に威力を発揮します。

  • 高いカップリング確度
  • 優れた方向性
  • 低SWR