検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

E9595A ARM7プロセッサ用解析プローブ

販売/サポート: 販売終了製品 | サポート継続中
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

主な特長と仕様

主な特長

  • 8、16、32ビット・メモリ・データ・バス幅またはAHB用に設定できる逆アセンブラ
  • 命令コードをARMまたはThumbニーモニックに逆アセンブル
  • フィルタとカラー・コーディングにより、各種プロセッサ命令の表示/非表示を設定可能
  • アドレス/データ/ステータス・ラインをロジック・アナライザに素早く設定

構成に関する考慮事項

  • 16900/16700シリーズ・モジュラ・ロジック・アナライザで使用可能
  • アドレス、CSライン、外部データ・バス幅に基づく最小68または102チャネル

オーダ・オプション

  • オプション001はARM 7/9逆アセンブル・ソフトウェアを提供
  • オプション002ハードウェアは、JTAGおよびトレース信号を1つのMictorから別のMictorトレースおよびBERG JTAGコネクタに分岐

概要

Keysight E9595A解析プローブにより、ARM7プロセッサのターゲット・システムとKeysightのロジック・アナライザ/ロジック解析システムを電気的、機械的に接続します。

  • ステート/タイミング解析をサポート
  • ロジック・アナライザをプロセッサ用に簡単に設定可能
  • トレース・データをARMまたはThumbニーモニックで表示
  • 8、16、32ビットのデータ・バス幅に対して構成可能な逆アセンブラ
  • 異なるプロセッサの命令を表示/非表示するためのフィルタリングとカラー・コーディング