検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

E5900A-080 MPC 8xx マイクロプロセッサ用エミュレーション・プローブ

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

主な特長と仕様

特長

  • デバッガ・インタフェース接続
  • 解析ツールとの統合
  • プロトコル・アナライザのラン・コントロール・インタフェース
  • ターゲット・システムとの接続

概要

代替製品: E5900B Option 080

Keysight E5900A オプション080は、モトローラ製MPC 860/821プロセッサ用プロセッサ・プローブです。このプロセッサ・プローブは、実行制御やコードの高速ダウンロード、メモリやレジスタの表示や修正、プログラムのデバッグができます。シングル・ステップや起動/停止、実行/中断、ブレークポイントの設定/修正、最高速度でのコードの実行等の様々な機能を使用してプログラムの実行を制御できます。

Keysight E5900A オプション080は、専用の10ピン・コネクタで接続し、ローカル・エリア・ネットワーク(LAN)を介して制御します。

インサーキット・エミュレータと違って、このプロセッサ・プローブは、マイクロプロセッサのデバッグ・ピンだけにアクセスし、他の信号に影響を与えないので、動作がより安定します。

このプロセッサ・プローブは、コードをダウンロードするためのシリアル・ポートをターゲット・システムに設ける必要がありません。また、ROMモニタのようなユーザ・メモリも必要ありません。