検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

E3492A 東芝R3900エンベッデッドMIPSプロセッサ・シリーズ用プロセッサ・プローブ

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

主な特長と仕様

特長

  • リアルタイム・プログラム・カウンタ(PC)トレースにより、プログラムが実行されていることを確認することが可能
  • ターゲット信号に対するプロービングの影響なし
  • 高いプロセッサ速度での安定した動作
  • 詳細についてはデータシートを参照

概要

より高い周波数、カスタマイズ、パッケージの小型化、内部キャッシュといった高速エンベッデッド・マイクロプロセッサ技術の進展は、従来のイン・サーキット・エミュレーションの適用を難しくしています。 東芝と協力し、Keysightはオンチップ・デバッグ・モニタを共同開発しました。 Keysightプロセッサ・プローブは、このテクノロジを利用してソフトウェア・デバッグをサポートしています。 高速の東芝R3900エンベッデッドMIPSプロセッサ・シリーズ用のリアルタイムの開発環境を用意します。

プロセッサ・プローブとは何でしょう? プロセッサ・プローブは、イン・ターゲット・デバッグのために必要なほとんどの機能を従来のエミュレータよりもはるかに低コストで提供します。 オンチップ・モニタを使用すると、マイクロプロセッサを交換する必要が無いというメリットがあります。 ターゲット・システムには、デバッグ専用の8ピンを使用してアクセスします。