検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

E3458A Motorola CPU32シリーズ・マイクロコントローラ用プロセッサ・プローブ

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

主な特長と仕様

特長

  • ターゲット・マイクロコントローラとの容易な接続
  • マイクロコントローラの動作制御(リセット、ラン、シングルステップ、ブレーク)
  • 内部/外部メモリの表示と変更
  • レジスタの表示と変更

概要

Keysight E3458Aプロセッサ・プローブは、Keysight 16505Aプロトタイプ・アナライザへのグラフィカル・インターフェイス、ケーブル、およびユーザー・ガイドを含みます。 このグラフィカル・インターフェイスは、ターゲットのマイクロコントローラをKeysight 16505Aプロトタイプ・アナライザからコントロールする最も簡単な手段です。

E3458Aは、Motorola CPU32をベースとしたプロトタイプのハードウェアおよびソフトウェア開発段階でターゲットのマイクロコントローラの動作をコントロールする最も経済的な手段です。 ターゲットのマイクロコントローラをMotorolaバックグラウンド・モード・デバッグ(BDM)ポートを介してコントロールします。 LANまたはRS-232でプロセッサ・プローブをPCまたはワークステーションに接続します。

E3458AをサードパーティのCまたはC++ソフトウェア・デバッガに接続することで、システム・コードをダウンロードし、ターゲット・システムをワークステーションからソース・レベルでデバッグすることができます。 IBM PCと互換機の場合は、Keysight RTCデバッガが高レベルのウィンドウズ・インターフェイスを提供します。