検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

E2409C Intel 80C286 用解析プローブ

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

推奨の代替製品:

主な特長と仕様

特長

  • 逆アセンブル80C286マイクロプロセッサ・ニーモニックでステート解析
  • 表示または非表示: メモリ読み取り/書き込み、I/O読み取り/書き込み、予期しないプリフェッチ、分岐、ジャンプ、呼び出し、戻り
  • 詳細についてはデータシートを参照

概要

Keysight E2409C解析プローブは、Intel 80C286搭載のターゲット・システムをKeysightロジック・アナライザに簡単に接続します。 解析プローブは、ターゲット・システムとKeysightロジック・アナライザとの間の電気および機械インターフェイスを完備しています。 E2409Cに搭載されたソフトウェアは、アナライザのラベリング・アドレス、データおよびステータス信号を自動的に設定します。 逆アセンブラはバスの動作を復号し、80C286のニーモニックをステート・リスティングに表示します。

  • マイクロプロセッサのニーモニックでシステムのソフトウェア・フローを追跡するために逆アセンブルによるステート解析を使用できます。
  • メモリ読出し/書込み、I/O読出し/書込み、予定外のプリフェッチ、ブランチ、ジャンプ、コール、リターンなどの信号を表示または抑圧するために、先進の逆アセンブラの機能を使うことができます。
  • 80C286搭載のシステムのハードウェア設計上の問題点やバスの競合を突き止めるために、ロジック・アナライザのタイミング解析を使用できます。
  • 逆アセンブルによるステート解析を使用してソフトウェアの欠陥を特定し、メモリにストアされた変数をモニタすることができます。