検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

E2261A 4チャネルRS-232インタフェースMモジュール

販売/サポート: 販売終了製品 | サポート継続中
販売終了

概要

Keysight E2261A4チャネルRS-232インタフェースMモジュールは、シングル幅レジスタ・ベースのMモジュールです。本モジュールは高密度両面設計のため、Keysight E2251A CサイズMモジュール・キャリアとの併用のみが推奨されます。Keysight E2261Aは、独立してプログラム可能な4つのRS-232ターミナル・インタフェースを搭載しています。ブレークアウト・ケーブル(オプション001)を使用すれば、これらのインタフェースを4つの異なる位置にルーティングできます。本モジュールをKeysight E2251Aに5ユニット装着すると、合計20のシリアル・インタフェースが使用可能になります。また、内蔵データ・ハンドシェーク機能と、2KB/チャネルの内部データ・バッファにより、通信オーバヘッドを低減できます。

ソフトウェア上の制限により、他の測定機器を制御する場合は、Keysight E2261Aは汎用のRS-232通信モジュールとして機能します。

各Mモジュールは、Keysight E2250AおよびKeysight E2251A Mモジュール・キャリア内で固有のアドレスを持つため、柔軟に組み合わせて使用できます。これによって、必要な機能を小ブロック単位で実現できるため、全体のシステム・コストを削減できます。Mモジュール・スロットの要件については、Keysight E2250AまたはKeysight E2251AのTechnical Specificationsをご覧ください。

  • シングル幅、レジスタ・ベース
  • ボー・レート75 - 38.4K
  • 独立してプログラム可能な4つのRS-232チャネル
  • 2KB/チャネルの入出力バファリング
  • 4つの9ピンD-Subコネクタ(オス)にブレークアウト・ケーブル(オプション)を接続可能
  • WindowsおよびNTは、Microsoft Corporationの米国登録商標です。