検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

E1748A 多重チャネル・ネットワーク同期測定ソフトウェア...

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

概要

Keysight E1748A ソフトウェアは、強力なMicrosoft(R) Windows(R)ベースの解析ルーチンを用いて、Keysight E1740AまたはKeysight 1725C タイム・インターバル・アナライザの測定機能を統合したものです。Windows 3.1、95、98が動作するIBM互換PCで使用可能です。本ソフトウェアにより、測定セットアップが簡単になり、測定実行時のKeysight E1740Aの制御を行ないます。

Keysight E1740Aが、同期信号(たとえば、T1またはE1)からしきい値交差を捕捉し、「タイム・スタンプ」した後、 Keysight E1748A ソフトウェアはソフトウェア・クロック抽出ルーチンを使って平均クロック周波数を算出し、抽出されたクロックに基づいて位相偏移を計算します。 Keysight E1748Aはソフトウェアでクロックを抽出するために、計算結果はクロック抽出回路(PLL)およびフィルタ・ハードウェアに起因する変動の影響を受けません。

MicrosoftおよびWindowsは、Microsoft Corp.の米国における登録商標です。

  • 使いやすいメニューおよびセットアップ・スクリーンにより、測定プロセスが簡単化され、使用頻度の高いセットアップをセーブ可能
  • 時間延長および連結機能により、数日に渡る測定が可能
  • ユーザ・プログラム可能なマスクは、現在の業界標準(ITU、Bellcore、ANSIおよびETSI)を反映するためのアップデートが容易
  • オーバーレイ表示により、複数の測定結果を目視比較可能
  • 入力パラメータ、データ・ポイント数、測定時間をプルダウン・メニューから選択可能
  • オンライン・ヘルプによる利用可能なオプションおよび解析アルゴリズムの説明
  • Windowsベースのソフトウェアなので、システム性能のグラフ/データをワード・プロセッサおよびスプレッドシートへ転送し、簡略にドキュメントを作成可能