検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

E1743A クロック・ジッタ解析ソフトウェア

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

概要

Keysight E1743A クロック・ジッタ解析ソフトウェアは、コンピュータや装置内のクロック分配回路およびバッファ (PLL、分周器、ファンアウト、変換用ICを含む)内のジッタを理解し、低減するのを支援するために設計された強力なツールです。Keysight E1743Aソフトウェアは、ジッタの程度と原因を評価することにより、システム性能を改善するためのエラーの低減とクロック・スピードの向上の実現を支援します。

Keysight E1743Aソフトウェアは、Microsoft(R) Windows(R)ベースの解析ルーチンにKeysight E1740AまたはKeysight E1725Cタイム・インターバル・アナライザの測定機能を統合したもので、ジッタの抽出/表示を行います。Windows 3.1、95、98が動作するIBM互換PCで使用可能で、使いやすいインタフェースを備えています。 測定結果はグラフで表示されるため、ジッタを変調ドメイン対時間で迅速に評価することができます。 サイクル間の変動、長期ドリフトなどの現象が表示され、PLLロック時間、位相ステップ・リカバリ、入力間の位相遅延などの解析を支援します。 MicrosoftおよびWindowsは、Microsoft Corp.の米国における 登録商標です。

  • 極めて正確な測定結果を得るために、最高80 MHzまでのクロック・サイクルを連続捕捉
  • 高速ヒストグラムの使用による109サイクル、または対時間表示による256,000サイクル
  • p-p値、平均値、および標準偏差(rmsジッタ)などの統計値に完全に対応し、正確な積算値を提供
  • 柔軟性の高い方法によるジッタの解析/表示
  • ジッタの真の原因を突き止めるための、内蔵FFTを使用したジッタ・スペクトル表示
  • アラン分散表示により、雑音(ホワイト位相、フリッカ位相、ランダム・ウォーク位相、フリッカFM、ランダム・ウォークFM、ホワイトFM)のレベルとタイプを迅速に特定
  • スプレッドシート、ワード・プロセッサ、数学アプリケーションなどの外部プログラムへ、データおよびグラフィックを容易にエクスポート