検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

E1742A トリビュタリ・ジッタ解析ソフトウェア

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

概要

Keysight E1742A トリビュタリ・ジッタ解析ソフトウェアは、既存の通信装置に新しいSONET/SDH技術を統合するネットワーク装置の設計者にとって強力なツールとなります。本ソフトウェアはKeysight E1740AおよびKeysight E1725Cタイム・インターバル・アナライザと共に使用することが可能で、これを用いることにより、ネットワーク装置が、SONET/SDHトリビュタリの許容ジッタ・レベル(DSI、E1、139.264 MHzなど)に関する業界標準に、適合しているかを確認することができます。 Keysight E1742Aソフトウェアは、Microsoft(R) Windows(R)ベースの解析ルーチンにTIA測定機能を統合したもので、ポインタにより誘発されたジッタの抽出/表示を行います。Windows 3.1、95、98が動作するIBM互換PCで使用可能で、使いやすいインタフェースを備えています。 測定結果は数値やグラフで表示されるため、トリビュタリ・ジッタとそれがネットワーク装置の性能に及ぼす影響を迅速に評価することができます。

MicrosoftおよびWindowsは、Microsoft Corp.の米国での登録商標です。

  • 信頼できるソフトウェア抽出クロックに基づいた測定結果
  • ハイパス・フィルタにより、再現性のある測定結果を約束
  • パワー・スペクトル表示による、ジッタ・ソースの特定
  • 周波数偏移表示による、理想周波数からの過剰偏移の特定
  • 多彩な内蔵解析機能
  • メニュー、オンライン・ヘルプ、セットアップ・スクリーンにより、測定プロセスが簡単になり、タイム・インターバル・アナライザを正確に制御
  • SCPIログおよびデバッグ機能による、プログラム開発の効率化