検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

E1476A 64チャネル3線T/Cリレー・マルチプレクサ

購入窓口
  • Keysight - 納期はお問合せ下さい

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

概要

Keysight E1476A高密度リード・リレー・マルチプレクサは、Cサイズ、1スロット、レジスタ・ベースのVXIモジュールです。低オフセット、熱電対補正付きマルチプレクサで、64チャネル2線/3線または32チャネル4線にダイナミックに構成を変更できます。本マルチプレクサ・モジュールは、スイッチを内蔵したコンポーネント・カードと、それに接続されるKeysight QUICばねクランプ・ターミナル・ブロックとから構成されています。ダイナミックに構成変更可能なリレー・マルチプレクサを必要とするアプリケーションに最適で、多数のポイントに対する高品質の測定を実現します。

3線のハイ、ロー、ガードのスイッチングにより、高品質の電圧測定が可能です。2線式抵抗測定と高精度の4線式抵抗測定に加えて、最大64チャネルの熱電対温度測定を自動冷接点補正付きで実行できます。

「関連リンク」のセクションには、使用可能な測定器ドライバとそのダウンロード方法、最新の製品アップデートなどが紹介されています。温度測定基準サーミスタは両方のバンクからアクセスでき、各バンクの制御スイッチによって、ターミナル・ブロックに存在する等温面上に取り付けられた5000Ωの基準サーミスタに対する2線式または4線式の抵抗測定を実行できます。スキャニング・マルチメータ構成を使うと、チャネル・リレーおよび5個の制御リレーをSCPIコマンドまたはレジスタのリード/ライトによりプログラムできます。K型熱電対の温度スキャンを実行するSCPIコマンドのシンタックスは次の通りです。 MEAS:TEMP - TC, K, (@100:163)構成64チャネルのそれぞれが、ハイ、ロー、ガード接続を別々に実現でき、付属のターミナル・ブロックにある非ネジ端子により容易にアクセスできます。マルチプレクサは32チャネルのバンク2つから構成され、各バンクに独立した電圧センス制御スイッチがあり、1つのバンクには電流源制御スイッチがあります。このデュアル・バンク構成により、半分のチャネルをセンス・チャネル、他の半分を電流源チャネルとして使用でき、32の4線測定チャネルでそれぞれハイ、ロー、ガード接続を実現できます。

モジュールには6cmのアナログ・バス・ケーブル(E1400-61605)1本が付属しており、Keysight E1411B 5.5桁マルチメータのフロントパネル・アナログ・バス・コネクタにE1476Aマルチプレクサを複数接続できます。外部電圧計や、従来型のフロントパネル・コネクタを備えた他のVXIマルチメータに接続する場合、ターミナル・ブロックを介してアナログ・バス・ラインにアクセスできます。これにより、通常のフックアップ線を使ってアナログ・バスの信号線をマルチメータの入力に接続できます。

熱電対測定用には、Keysight E1476AオプションA3Eターミナル・ブロック、Keysight E1586Aパネル、Keysight E1588Aケーブルを推奨します。

  • 1スロット、Cサイズ、レジスタ・ベース
  • 熱起電力の小さいリレー(<2V)
  • 64チャネルの補正付き温度測定
  • 64チャネルの電圧測定3線ハイ、ロー、ガード
  • 64チャネルの2線式および32チャネルの4線式抵抗
  • 使いやすいKeysight QUICターミナル・ブロックを採用