検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

8780A ベクトル信号発生器、10 MHz~3 GHz

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

概要

概要
Keysight 8780Aベクトル信号発生器は、今日のレシーバやコンポーネントのテストのための優れた変調機能を備えたシンセサイズドIF信号源です。変調帯域幅は従来のシンセサイザのほぼ100倍に達します。一般的なデジタル変調フォーマットの発生を容易にする内蔵マッピングを備えています。このきわめて広い変調帯域幅は、ベクトル変調器によって実現されています。これは、ベースバンド変調帯域幅を実効的に2倍にして、700 MHzの出力変調を実現しています。ベクトル信号発生器の広帯域変調を補完するのが、テスト信号の復調用の非変調コヒーレント・キャリア出力です。Keysight 8780Aベクトル信号発生器は、デジタル/アナログの両方の入力によるさまざまな変調を実現します。QPSKや16 QAMなどの多くの標準デジタル変調フォーマットと、FM、AM、パルスなどの一般的な変調機能を備えています。複数の変調タイプを組み合わせることで、Barkerコード化されたレーダ・パルスやドップラ・シフトされた衛星信号などのさまざまな信号をシミュレートできます。Keysight 8780Aベクトル信号発生器は、広帯域変調やI/Q変調が必要なレシーバ測定に最適です。ベクトルI/Q変調技術を使用した今日のレーダEWレシーバや通信レシーバのテスト用の校正済みトランスミッタとして使用できます。パルス測定のための安定したコヒーレント・キャリアを供給します。レシーバが3 GHzより上の周波数で動作する場合は、アップコンバージョンが可能です。 

  • 10 MHz~3 GHzのIFテスト
  • BPSK、QPSK、8PSK、16QAM、64QAM、デジタル変調、パルス
  • チップ幅7 nsまでの直接シーケンス・スペクトラム拡散変調
  • 立ち上がり時間1 nsのパルス変調
  • I/Qまたはベクトルを使用した、700 MHzの変調帯域幅
  • 広帯域FM: 200 MHzを超えるp-p偏移
  • オプションの衛星テレメトリ用アナログ位相変調