検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

8590L ポータブル・スペクトラム・アナライザ、9 kHz~1.8 GHz

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

概要

後継製品ESA-L E4411Bです。

販売終了製品 - サポート情報のみ

Keysight 8590Lは、低コストでフル機能の周波数確度の高いRFスペクトラム・アナライザであり、汎用測定のニーズに応えるように設計されています。200種類以上の内蔵機能を使いやすいインタフェースから利用できます。

  • 周波数カウンタ: 周波数カウンタを内蔵しているので、カウンタを別に用意する必要がありません。周波数確度は1 GHzで±2.1 kHz(0~50℃で±7.6 kHz)です。
  • 複数の分解能帯域幅フィルタ: 速度、感度、近接信号分離のトレードオフを最適化するために、1 kHzから始まる10種類の分解能帯域幅フィルタを選択できます。
  • 145 dBの振幅測定レンジ: -115 dBm~+30 dBmの振幅測定レンジで信号を直接測定できます。
  • 1ボタン測定ルーチン: 隣接チャネル漏洩電力、信号対場、3次インターセプト(TOI)などの1ボタン測定ルーチンにより、測定時間を短縮し、準備の手間を省き、トレーニングを容易にできます。
  • 30 kHzオフセットで105 dBc/Hzの位相雑音: 内部位相雑音が小さいため、キャリアに近い小信号を判別できます。
  • デュアル・インタフェース: GP-IBまたはRS-232ポートとパラレル(Centronics)ポートを組み合わせたオプションのデュアル・インタフェースにより、リモート操作と直接プリントが可能です。
  • 内蔵トラッキング・ジェネレータ: コンポーネントのスカラ特性を、オプションの内蔵トラッキング・ジェネレータとKeysight 85714Aスカラ測定パーソナリティによって測定できます。