検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

主な特長と仕様

  • 1回の接続で完全な2ポート校正を実現できるため、校正が簡単
  • 高精度のスロットなしコネクタにより、標準コネクタよりも高い測定確度と再現性を実現
  • シンプルなユーザ・インタフェース
  • Keysightネットワーク・アナライザとの互換性
  • ノンインサータブル校正が簡単

概要

Keysight 85062A電子校正システムは、制御ユニットとコネクタ固有の校正モジュールで構成されています。制御ユニットは、校正モジュールに対する通信と制御を行います。85062A (3.5 mm) は、電子校正モジュールで、85060C制御ユニットによって制御する必要があります。

電子校正 (ECal) は、完全にトレーサブルかつ検証可能な電子基準を使用する、精度の高い、単一接続の1ポート/2ポート校正手法です。ECalは、再現性と確度に優れた測定を実現すると同時に、日常の校正作業を簡単にします。ECalは、機械的標準を使用する従来の校正手法に代わるものです。

機械的標準を用いる場合には、1回の校正に、テスト・ポートへの接続を何度も繰り返す必要があります。こうした従来の校正では、ユーザの作業が煩雑となるため、間違いが起こりやすくなっています。ECalを用いれば、ECalモジュールを1度接続するだけで、最小限の操作による完全な2ポート校正を実現できます。このため、校正の再現性が高まるだけでなく、コネクタの摩耗やユーザの疲労を軽減できます。ノンインサータブル・デバイスの校正も、簡単でわかりやすいものになっています。

  • 1回の接続で完全な2ポート校正を実現できるため、校正が簡単
  • 高精度のスロットなしコネクタにより、標準コネクタよりも高い測定確度と再現性を実現
  • シンプルなユーザ・インタフェース
  • Keysightネットワーク・アナライザとの互換性
  • ノンインサータブル校正が簡単