検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

83036C 広帯域方向性ディテクタ、10 MHz~26.5 GHz

購入窓口
  • Keysight - 通常、製品お届けまで 4 週

本体のみの概算(税抜) ¥ 170,542

構成例  

構成例

83036C 検出器, 方向性, 3.5 mm コネクター

  • 1年間の保証(引取)

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

  • 周波数レンジ: 10 MHz~26.5 GHz
  • 周波数応答: ±1.0 dB
  • 最大SWR: 1.7
  • スルー・ライン損失: 最大2.2 dB
  • 低レベル感度: 18 μV/μW
  • 最大入力パワー: 32 dBm(50 Ω負荷)/21 dBm(オープン負荷)
  • 入力/出力コネクタ: 3.5 mm(メス)
  • 最大入力パワー(50 Ω負荷終端/オープン終端):32 dBm/ 21 dBm

概要

Keysight 83036Cは、広帯域のマイクロ波パワー・サンプラで、方向性結合器とディテクタを組み合わせた機能を果たします。抵抗ブリッジとガリウム砒素プレーナ・ドープ・バリア検出素子から構成され、優れた周波数応答と温度応答を備え、広い帯域にわたって2乗応答特性を示します。10 MHz~26.5 GHzという広い周波数レンジにより、広帯域パワー・モニタリングや信号源レベリングなどのアプリケーションで、従来は2組の方向性結合器とディテクタを使用していた場合でも1台のKeysight 83036Cで可能になります。最大SWRは、入出力両方のポートで、50 MHz以上で1.7です。14 dBという方向性は、現在入手可能な小型結合器と同等の機能です。最大挿入損失は2.2 dBです。Keysight 83036Cは、広帯域掃引周波数信号源の外部レベリング用のサンプラとして広く使用されています。

特長

  • 優れたフラットネス
  • 高い温度安定度
  • 2組の方向性結合器とディテクタの代わりに使用可能