検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

81200 データ・ジェネレータ/アナライザ・プラットフォーム(E4840A、E4849A、E48xxA モジュール)

販売/サポート: 販売終了製品 | サポート継続中
販売終了

概要

Keysight 81200データ・ジェネレータ/アナライザ・プラットフォームはスティミュラスとレスポンスの両機能を備えています。プラットフォーム内でアナライザとジェネレータの任意の組合せと同様に、お客様のニーズに応じて最大120チャネルのスタンドアロン型データ・ジェネレータとしての構成も可能です。

81200は、plug&playドライバを用いて容易に他の標準VXIテスト・プラットフォームに統合することができます。また、プラットフォームを、既存の自動テスト環境(ATE)に追加し、新たなテスタ機能(例、RAMBUSポート用高速チャネル)を追加することもできます。

チャネル当たり最大1Mビットのメモリ長と最大660MHzの周波数範囲を有する81200は、最初の電源オンから設計確認までの全期間にわたって使用可能な理想的なツールで、動作および設計マージンのチェックから設計上の問題やクリティカルな部分の詳細な解析にいたるまで利用できます。

実使用条件で設計をテストできますので、プロトタイプの早期立ち上げに役立ちます。

  • 柔軟なリアルタイム・スティミュラス/レスポンス・システム
  • 1kビット/s - 660Mビット/s
  • チャネル当たり最大1Mビットのメモリ
  • 2 - 120 RZチャネル(200Mビット/sまでNRZチャネル数は2倍)
  • モジュールとフロント・エンドによって規模の変更およびアップグレード可能
  • 2psのタイミング分解能、+/- 50psのエッジ配置確度
  • パターン形式:RZ,R1,NRZ,DNRZ
  • PRBS [擬似ランダム・ビット・シーケンス] およびPRWS [擬似ランダム・ワード・シーケンス] 最大 2の15乗 -1
  • 5ループ・レベル(ネストしたループ)のシーケンス機能
  • 内/外部イベントによる分岐機能
  • タイミング、レベル、および過渡時間をチャネル毎に独立に設定可能
  • 半自動のスキュー補正
  • 測定モード: キャプチャ、エラー・カウント、エラー・キャプチャ
  • 測定結果の表示: ステート・リスト、波形ビューア、ビット・エラー・レート
  • 操作しやすいWindowsNT 4.0ベースのGUI
  • リモート・インタフェース:LAN、GPIB
  • プログラミング・インタフェース: SCPI、プログラミングを容易にするためのplug&playドライバ
  • Windowsは、Microsoft Corporationの米国の登録商標です。