検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

70908A RFセクション、100Hz - 22GHz

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

推奨の代替製品:

概要

Keysight 70908A RFセクションは、71210Cスペクトラム・アナライザおよび71400C光シグナル・アナライザに対して、基本波ミキシングされた100Hz-22GHzの広帯域入力変換を提供します。 基本波ミキシングにより、マイクロ波測定および高速の光変調レートにおいて、従来にない感度を実現することができます。このため、何日もかかるマイクロ波スプリアス・テストを数時間で実行することが可能です。またこの高い感度によって、2次/3次のダイナミック・レンジも向上します。優れたダイナミック・レンジは、優れた感度および歪み性能(TOIとSOI)を備えたアナライザによって得られます。また内部のプリセレクタは、アナライザのチューニングを動的にトラッキングします。これにより、プリセレクタがピーク信号を連続的にトラッキングするので、時間をかけずに優れた振幅確度を実現できます。本製品は、10dBステップで可変の70dBステップ・アッテネータを内蔵しています。オプションH25によって、5dBステップのアッテネータを追加することもできます。321.4MHzのIF出力により、変換されたRF信号へのアクセスが可能です。アクセス後、この信号を外部機器で検出および表示できます。

  • 基本波ミキシングによって100Hz-22GHz広帯域入力変換を実現
  • マイクロ波測定、高速の光変調レートにおいて、従来にない感度を実現
  • プリセレクタの動的トラッキングにより、プリセレクタのピーキングなしで優れた振幅確度を実現
  • 優れたダイナミック・レンジ
  • 10dBステップで可変の70dBステップ・アッテネータを内蔵、オプションH25により5dBステップ・アッテネータを追加可能