検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

70905B RFセクション、50 kHz~22 GHz

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

推奨の代替製品:

概要

販売終了製品 - サポート情報のみ。

Keysight 70905B RFセクションは、スペクトラム・アナライザのための広帯域入力を提供します。RFセクションは、入力信号を後の処理のために中間周波数に変換します。この広帯域低雑音ミキサは、広ダイナミック・レンジ測定に必要な性能を提供します。Keysight 70905Bは22 GHzで動作し、Keysight 70600Aプリセレクタ・モジュールと組み合わせて用いられます。既知の信号を扱う製造環境では、プリセレクタをバイパスして感度と振幅ラットネスを向上させることもできます。プリセレクタがない場合、自動信号識別ルーチンが未知信号の周波数を返します。単に信号応答にマーカを配置します。モジュールが2.7 GHzに同調されている場合、321.4 MHzの出力と入力が使用できます。これにより、復調または検波が可能なプリセレクトされない信号が得られます。第1 LO補助出力により、トラッキング・ジェネレータおよび外部ミキサ・インタフェース・モジュールを使った動作が可能です。


  • スペクトラム・アナライザ用の広帯域入力を提供する50 kHz~22 GHzのRFセクション
  • 広ダイナミック・レンジ測定が可能
  • 自動信号識別ルーチン