検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

70904A RFセクション、100Hz - 2.9GHz

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

推奨の代替製品:

概要

Keysight 70904A RFセクションは、71100Cスペクトラム・アナライザおよび71401C光シグナル・アナライザに対して、100Hz - 2.9GHzの広帯域入力変換を実現します。本RFセクションには、入力アッテネータとミキサが内蔵されています。RFミキサは、入力RF信号を、その後の処理のために中間周波数(IF)に変換します。この広帯域で低ノイズのミキサは、広いダイナミック・レンジの測定に必要な性能を提供できます。入力アッテネータは、ミキサ保護のため基準レベルに自動結合するか、最大ダイナミック・レンジを実現するために最大ミキサ・レベルに自動結合するかを選択できます。この入力アッテネータは、10dBステップで0 - 70dBの範囲で可変です。またオプションH25により、5dBステップ・アッテネータを追加することもできます。プローブが必要な場合は、フロントパネルに接続してプローブをドライブできます。41800Aや85024Aをはじめとする、高インピーダンス・プローブが使用可能です。またトラッキング・ジェネレータや、外部ミキサ・インタフェース・モジュール用に、バッファ付きLO出力も使用できます。

  • 100Hz - 2.9GHzの広帯域入力変換
  • 10dBステップで0 - 70dB可変の入力アッテネータ
  • フロントパネルにプローブを接続可能