検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

本体のみの概算(税抜) ¥ 405,294

構成例  

構成例

66309B モバイル通信DCソース, デュアル出力 15V/3A,12V/1.5A. GPIB.

  • 66309B-100 87-106V AC 駆動, 50/60Hz
  • 66309B-0B0 ドキュメント パッケージなし
  • 5年間の保証(引取)

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

出力定格

  • 電圧:0~15 V
  • 電流:0~3 A
  • 最長7 msのピーク電流:5 A

プログラミング確度(25°C ±5°C)

  • 電圧:0.05 %+10 mV
  • +電流:0.05 %+1.33 mA

DCリードバック確度

  • 電圧:0.03 %+5 mV
  • 電流(+20 mA~+定格電流): 0.2 %+0.5 mA
  • 電流(-20 mA~-定格電流): 0.2 %+1.1 mA
  • 電流(-20 mA~+20 mA): 0.1 %+2.5 µA

過渡応答

  • 70 mVの電圧降下、<35 µsの過渡応答時間

概要

Keysight 663xxシリーズ移動体通信用DC電源は、無線機器やバッテリ動作機器のテストに最適です。電圧過渡応答に優れているため、テスト配線の大きな電圧降下に起因するデバイスのシャットダウンを最小限に抑えることにより、テスト・システムのスループットを最大限に高めることができます。内蔵測定システムにより、さまざまなモードで動作中のデバイスのバッテリ電流ドレインを正確に測定でき、Keysightが開発した機能により、携帯電話製造テストでのセンス・ワイヤ接続の永久的/間欠的なオープンを検出できます。

Keysight 66309Bデュアル出力移動体通信用DC電源は、メイン・バッテリ・パワーとバッテリ充電器回路の両方をテストするための2つの出力を備え、電話機と充電器を1台の機器でテストできます。これにより、ラック・スペースを節約でき(½ラックの筐体に2つの出力)、2台の電源を別々に用意する必要がなくなります。