検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

64798F Motorola 68LC302マイクロプロセッサ用エミュレータ

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

主な特長と仕様

特長

  • オンチップ・ペリフェラル・レジスタの表示、変更、解析表示
  • 上位のアドレス・ラインがプロセッサ・ピンから得られないときでも全アドレス範囲に対するシンボルが使用可能
  • 25 MHzでのリアルタイム・ゼロ・ウェイト・ステート動作
  • 詳細についてはデータシートを参照

概要

Keysight 64798Fは、Motorola 68LC302マイクロプロセッサ用のエミュレータです。 市場投入までの時間短縮および品質目標を達成するために不可欠なマイクロプロセッサ開発ソリューションで、開発サイクル全体を通して確実なサポートが得られます。 コンパイラ、アセンブラ/リンカー、デバッガ、エミュレータ、アナライザを組み合わせることにより、効率的なコード作成、ソフトウェア・デバッグ、ソフトウェアとハードウェアの統合に関する難しい問題を解決します。

64798Fは、56 KB~8 MBのエミュレーション・メモリと25 MHzの68LC302プロセッサをエミュレーション・ポッドに搭載しています。 リアルタイム・トレースやシンボル・デバッグなどの標準エミュレーション機能を全てサポートします。

  • 1 K~256 Kメモリ長の80チャンネル・エミュレーション・バス・アナライザ- プロセッサ割り込み無しで修正および表示するための56 KBデュアルポート・エミュレーション・メモリ
  • ファームウェアの更新が容易なフラッシュEPROM
  • 2つの独立したRS-232-Cポート
  • 無制限のソフトウェア・ブレークポイント
  • 8つのハードウェア・ブレークポイント
  • ソース・ライン・リファレンスを含むフル・シンボル・デバッグ
  • IEEE-695、Motorola S-recordsおよびKeysight 64000ファイル・フォーマットをサポート
    DMAサイクルのトレース
  • ターゲット・メモリと内部プロセッサ・メモリとの間の双方向DMA