検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

64747B Motorola 68030/68EC030プロセッサ用エミュレータ

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

主な特長と仕様

特長

  • 68030 MMUおよびDeMMU動作のサポート
  • 40 MHzアクティブ・プローブ・エミュレータ
  • ターゲット・メモリおよびエミュレーション・メモリのバーストおよびシンクロナス・モードをサポート
  • 詳細についてはデータシートを参照

概要

Keysight 64747Bエミュレータは、40 MHzまで動作するMotorola 68030および68EC030マイクロプロセッサをサポートします。68030 メモリ・マネージメント・ユニット(MMU)のレジスタとテーブルが表示され、物理アドレスが対応する論理アドレスに変換されてバスとプログラム動作(DeMMUing)をリンクします。 MMUテーブルの情報は、ターゲット・システムからユーザ・コマンドで自動的にアップデートできます。

リアルタイム・エミュレーション

64747Bは、アクティブ・プローブ・エミュレータで、マイクロプロセッサ、エミュレーション・モニタおよびラン・コントロール回路を含んでいます。 加えて、カスタム・メモリ・マッパー・チップとメモリがプローブにあります。 64747Bは、ターゲット・メモリからゼロウェイト・ステートで25 MHzまで動作します。 25 MHzを超えると、3サイクルの非同期/同期アクセスがサポートされます。 25 MHzを超えるバースト・モード・アクセスは、3-2-2-2のサイクル・パターンをサポートします。

優れたブレークポイント能力により、ラン・コントロールのためにコード実行をどこで開始してどこで停止するのかを定義できます。 32のソフトウェア・ブレークポイントがエミュレータで設定でき、命令ポイントで実行を中断することができます。 ハードウェア・ブレークポイントは、プロセッサ・アクセス、データおよびステータス・ポイントで停止するために、この機能の柔軟性とパワーを高めます。

柔軟なメモリ構成

メモリ・モジュールは、エミュレーション・メモリに使用されます。 アクティブ・プローブには2つのスロットが用意されており、最大2 MBまでのメモリを搭載することができます。 2 MBまでは、後で増設することができます。 モジュールは、256 KB(Keysight 64171A)と1 MB(Keysight 64171B)が用意されており、任意の組み合わせで使用できます。

メモリ・モジュールに加えて、バックグラウンド・モニタを使用するときは、4 KBのデュアルポート・エミュレーションRAMが利用できます。 このデュアルポート・メモリにより、ターゲット・システムを中断することなく重要なプログラム変数を表示および変更することができます。

  • 25 MHzまでターゲット・メモリからゼロウェイト・ステートをサポート、25 MHzを超えると非同期および同期モードで3サイクル・アクセスをサポート(バースト3-2-2-2サイクル)
  • エミュレーション・メモリは、40 MHzまで3サイクル非同期アクセスをサポート(40 MHzまで3サイクル同期および3-2-2-2バースト・サイクル・アクセス)
  • メモリのブロックに対してキャッシュを選択的に抑制(256バイトの分解能)
  • 36インチ・プローブ・ケーブルのアクティブ・プローブ
  • 32のソフトウェア・ブレークポイント
  • 8つのリアルタイム・ハードウェア・ブレークポイント
  • 最高32のエミュレータの同期スタート
  • 別のエミュレータ、ロジック・アナライザまたはオシロスコープからのクロス・トリガ
  • 80チャンネル・エミュレーション・バス・アナライザ(Keysight 64704A)
  • シンボルとソース・ラインによる後処理デキュード・トレース(PCインターフェイス・トレース・リストにはソース・ライン番号を含みます。)
  • それぞれがアドレス、ステータスおよびデータ・コンパレータで構成される8個のイベント
  • イベントは8段階の深さで並び、複雑なトリガ認定と選択的保管に使用可能
  • メモリ構成は256 KB、512 KB、1 MB、1.25 MBおよび2 MB
  • マッピング分解能は256バイト
  • PCおよびワークステーション・インターフェイスとともにシンボル・サポート
  • バックグラウンドおよびフォアグラウンド・モニタ(68030 MMUを使用時を除く)
  • ワークステーション上でI/Oシミュレーション
  • IEEE-695、HP-OMF、Motorola S-RecordsおよびExtended Tek HEXの各ファイル・フォーマットをサポート(IEEE-695およびHP-OMFでサポートされるシンボル)
  • インテグレーティッドC言語システムを用意
  • デモ・ボードおよびセルフ・テスト・モジュール