検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

5518A レーザ・ヘッドおよびレシーバ

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

概要

Keysight 5518Aは、Keysight測長システム用のレーザ・ヘッドで、新製品の5519Aレーザ・ヘッドとほぼ同等の機能を備えています。測定レシーバは内蔵式ですが、外部電源が必要です。5518Aは主に5528Aレーザ測長システムのレーザ光源として用いられます。また、5528Aシステムを5529Aダイナミック・キャリブレータにアップグレードする際に、5519Aレーザ・ヘッドの代わりとして用いることもできます。5518Aのレーザ・ビーム直径は6mm、真空波長確度は+/-0.1ppmです。レーザ・ヘッドには実績ある長寿命のレーザ管を採用し、平均故障間隔(MTBF)は50,000時間以上です。

適切な光学およびシステム機器を5518Aに組み合わせることで、個々のアプリケーションに固有のレイアウトと測定要件を満たすレーザ測長システムを実現できます。カスタム位置決めシステムを使えば、製品品質および歩留まりが向上し、精密製品の製造が容易になります。

  • ヘリウム-ネオン、連続波、2周波レーザ
  • 短いウォームアップ(代表値で4分間)
  • 内部測定レシーバ
  • 業界最高水準の信頼性