検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

432A アナログ・パワー・メータ

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

主な特長と仕様

  • パワー出力範囲: 10/30/100/300 μWおよび1/3/10 mWの7つの範囲でフル・スケールの読み値。5 dBのステップで、-20 dBm~+10 dBmのフル・スケールでdBm単位で校正
  • 雑音: フル・スケール・ピークの0.25 %未満(代表値)
  • 応答時間: レコーダ出力で、35 msの時定数(代表値)
  • ファイン・ゼロ: フロント・パネル・スイッチによる自動操作
  • ゼロ・キャリーオーバ: 最高感度レンジでゼロ調整した場合、フル・スケールの0.05 %未満
  • メータ:Tautバンド方式のサスペンション、個別校正、ミラー付きスケール。mWスケール、長さ100 mm以上
  • 校正係数の制御:サーミスタ・センサの校正係数を考慮するために、13ポジションのスイッチによりメータの測定値をノーマライズ。 100 %~88 %の範囲、1 %のステップ
  • サーミスタ・センサ: 432Aの動作には、サーミスタ・センサが必要

概要

432Aアナログ・パワー・メータは、2011年6月1日に販売を終了します。後継製品は、 N432Aサーミスタ・パワー・メータです。

Keysight 432Aは、広い温度範囲にわたって高い確度を実現します。サーミスタ・ブリッジの出力電圧を測定し、対応するパワーを計算することにより、±0.2 %±0.5 μWのさらに高い確度が得られます。熱起電力効果に起因する誤差がごくわずかなレベルまで低減されるため、非常に感度の高いレンジでも、高い確度を維持できます。

  • パワー出力範囲: 10/30/100/300 μWおよび1/3/10 mWの7つの範囲でフル・スケールの読み値。5 dBのステップで、-20 dBm~+10 dBmのフル・スケールでdBm単位で校正
  • 雑音: フル・スケール・ピークの0.25 %未満(代表値)
  • 応答時間: レコーダ出力で、35 msの時定数(代表値)
  • ファイン・ゼロ: フロント・パネル・スイッチによる自動操作
  • ゼロ・キャリーオーバ: 最高感度レンジでゼロ調整した場合、フル・スケールの0.05 %未満
  • メータ:Tautバンド方式のサスペンション、個別校正、ミラー付きスケール。mWスケール、長さ100 mm以上
  • 校正係数の制御: サーミスタ・センサの校正係数を考慮するために、13ポジションのスイッチによりメータの測定値をノーマライズ。 100 %~88 %の範囲、1 %のステップ
  • サーミスタ・センサ: 432Aの動作には、サーミスタ・センサが必要
  • 消費電力: 115~230 Vac±10 %、50~400 Hz、1.5 W
  • 熱起電力による誤差がなく、広いダイナミック・レンジにわたって高い確度を実現
  • 測定の利便性を高めるオプションのロング・ケーブル
  • 1年間の標準保証