検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

3569A ハンドヘルド・リアルタイム・デュアル・チャネル・ダイナミック・シグナル・アナライザ

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

概要

Keysight 3569Aは、製品のノイズ特性をオン・サイトで調査するために開発された携帯形シグナル・アナライザです。リアルタイム音響強度解析などをオクターブまたは1/3オクターブ分解能で行います。FFTモード(オプション)では、単一周波数または狭帯域信号の調性測定などのために、リニア周波数分解能を100~1,600ラインにして精度を高めることができます。

音響強度モード(オプション)を使用すると、ノイズ源を特定したり、音響パワーを測定したりできます。個々の表面積が音響パワー測定テーブルに入力され、測定の最後に音響パワーが自動的に算出されます。音響強度プローブをそのまま使うことができます。

反響時間解析をオプションとして追加できます。電子圧電(IEPE)およびマイク入力モードでは、加速度計およびマイクロフォンに直接電源を供給できるため、そのための外部機器は不要です。ピンクおよびホワイト・ノイズ・ソースが内蔵されており、反響時間やスティミュラス・レスポンスの測定が便利におこなえます。

特 長

  • ポータブル測定器によるニートな実験室
  • リアルタイム・オクターブ解析
  • リアルタイム音響強度(オプションAY1)
  • 狭帯域スペクトル(オプションAY2)
  • 反響時間(オプションAY3)
  • 音響強度による音響パワーの自動算出(オプションAY1)
  • 音響レベル超過の算出
  • 軽量(3.2 kg)とバッテリ動作
  • マルチスペクトル表示
  • 大量の測定値を保存
  • ノイズ・ソースの内蔵