検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

1671G 102チャネル、150MHzステート/500MHzタイミング ベンチトップ・ロジック・アナライザ

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

主な特長と仕様

  • 102チャネル・ポータブル・ロジック・アナライザ
  • 500 MHzタイミング速度
  • 150 MHzステート速度
  • メモリ: 標準64 K、オプションで256 Kまたは2 M
  • オプションの2チャネル・オシロスコープまたは32チャネル・パターン・ジェネレータ

概要

Keysight 1671Gは、信頼できるロジック・アナライザ性能を手頃な価格で提供します。すべての機能を1つにまとめたコンパクトなデザインは、スペースのないラボ・ベンチに最適です。 大容量メモリ・オプションによって、より多くのデータを捕捉でき、複雑なトリガを設定する必要がなくなります。 オシロスコープ・オプションを組み込むことで、アナログ信号とディジタル信号を同時に表示できます。 パターン・ジェネレータ・オプションを組み込むことで、被測定デバイスに試験信号を送り、ロジック・アナライザでその応答を捕捉できます。

  • 102チャネルのロジック解析
  • 信頼できる性能: ステート解析速度150MHz、タイミング解析速度500MHz、64K標準収集メモリ(オプション001使用の場合は256Kメモリ、オプション002使用の場合は2Mメモリ)
  • オプション003 オシロスコープ: 2チャネル、500MHz、2Gサンプル/s、32Kメモリ
  • オプション004 パターン・ジェネレータ: 32チャネル、100Mベクトル/s、256Kベクタ長
  • 2GBハード・ドライブおよび1.44MB DOSフロッピー・ドライブ
  • VGA解像度のフラットパネル・カラー・ディスプレイ
  • ユーザ・インタフェース内を、マウスとフロントパネル操作のどちらでも簡単に移動可能
  • PCスタイルのキーボードをオプションでサポート
  • ASCIIデータおよびPCX/TIFF/EPSスクリーン・ショット用のファイル・フォーマット
  • セントロニクス・プリンタ・ポート、GPIBおよびRS-232のプログラマム可能
  • X-Windowsを介したリモート操作およびFTP/NFSを介したデータ転送用のLAN機能
  • 23の定義済みトリガ機能。グラフィック表示と簡単な言語記述で強力な測定が容易に設定可能