検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

11759C RFチャネル・シミュレータ、50 MHz~2700 MHz

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

概要

Keysight 11759C RFチャネル・シミュレータは、RFマルチパス条件でのデジタル携帯電話のテストに最適な機能と性能特性を備えています。GSM、NADC、DCS1800、PDCセルラ・システムの電話機に対して、移動通信環境で発生する高速/低速フェージング、時間分散、ドップラ効果を容易にシミュレートできます。
 

  • 40 MHz~2700 MHz
  • RF帯域幅>6.0 MHz
  • ±425 Hzのドップラ効果(900 MHzで>500 km)
  • Rayleigh/Rice統計
  • 遅延インターバル: 最大186 μs、1 ns分解能
  • 12ビット処理による低いノイズ・フロアと小さな歪み
  • 独立RFチャネル: それぞれ3経路のうちの2つ
  • RF入力/出力周波数レンジ: 40~2700 MHz
  • RF帯域幅(1 dB): &062;6.0 MHz(代表値)
  • 経路挿入損失: 24 dB ±3 dB(代表値)
  • LO入力周波数レンジ: RF入力周波数より6 MHz下