検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

10934A A-Quad-Bアクシス・ボード

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

概要

Keysight 10934Aアクシス・ボードはA-Quad-Bとアップ/ダウン・パルス出力を、Keysightのレーザ干渉計ポジショニング・システムに供給します。10934AはA-Quad-B出力を持つ他のタイプのスケールと比べるとより高い確度と分解能を備えています。 RS-232、8ビット・パラレル、GPIBを含む種々のインタフェースを使って、CNCコントローラのような既存の装置と容易に接続することができます。10934Aの特長として、ユーザ選択可能な設定変数、データ・レート、出力フォーマットおよび出力分解能があります。

6枚のKeysight 10934Aボードを使用して、同時に最大6軸のモーション・コントロールとの協調が可能です。5527Bシステムではすべての測定軸と、部品や装置の熱膨張について完全な自動環境補正を行います。10934Aを使用すると環境が制御されてない場合でも、高確度で複雑な部品を製造することができます。 

  • 電源
  • 代表的な電源要件(レシーバは含まない):
  • +5V @2.5A
  • +15V @ 40mA
  • -15V @ 30mA
  • ヒューズ定格 (+5V): ボード用には5Aヒューズ、リア・パネル出力用には1Aヒューズ
  • プログラマブル制御
  • インタフェース: RS-232C (2個)、8ビット・パラレル、GPIB (システム)
  • RS-232のボー・レート: 110、134.5、150、200、600、1200、1800、2000、2400、4800、9600、19200
  • 8 ビット・パラレル転送速度 (代表値): 2000バイト/s
  • リア・パネルステータスと制御
  • 制御インタフェース:
  • 配線の選択が可能、光絶縁5V、12V、24V
  • 制御信号: スタート、ストップ、エラー・リセット、軸初期化、プリセット・イネーブル、補正、アップデート、外部サンプリング、外部乗算、マーク入力
  • ステータス・インタフェース: 光学的に絶縁されたオープン・コレクタ、最大定格は24Vおよび50mA
  • ステータス信号: レディ、軸エラー、システム・エラー
  • パルス/直交位相出力
  • データ・フォーマット: 補正済み直交位相 (A-Quad-B)、またはアップ/ダウン・パルス。アップ/ダウン・パルス用75nsパルス幅によるTTL差動出力 (4線)
  • 出力レート:情報は各A-Quad-B信号のエッジおよびアップ/ダウン・パルスの各リーディング・エッジで出力されます。
    出力レート (kHz); 781、805、831、859、889、920、955、991、1031、1074、1121、1171、1227、1289、1366、1432、1516、1611、1718、1841、1982、2148、2343、2577、2864、3221、3682、4295、5154
  • A-Quad-B: (出力レート) / (4)
  • 出力分解能:
  • 高分解能光学部品: 0.002μm ~ 25μm
  • 平面鏡光学部品: 0.006μm ~ 50μm
  • 直線またはシングル・ビーム光学部品: 0.020μm ~ 100μm
  • 光学部品の移動から情報を含む最後のパルス・エッジまでの応答時間:
  • T = 0.47μs + (6.25 ± 0.5) T(sub)g + ((速度 x T(sub)g) / (出力分解能)) + (0.5 ± 0.5))T(sub)p
  • ただし、T(sub)g = 1 / レーザ・ヘッド基準周波数、T(sub)p = 1 / パルス出力レート
  • 長距離確度により大型部品の組立てが可能
  • 現場または工場への設置においてシステムに柔軟性を提供
  • 最大の再現性が得られる自動環境補正
  • Keysightの保証により裏付けされた高信頼性
  • Keysight 5507BまたはKeysight 5527Bで、Keysight 10934Aを使用すると21mの長い距離に渡り確度が低下しないため、非常に大型の部品を高確度で組み立てることができます。 現場や工場に設置されるKeysight 10934AはKeysight 5507Bの工場設置オプション (オプション034) としてオーダ、またはシステムをカスタマイズまたは拡張するために別途オーダすることができます。既存の装置に簡単に接続できるため、システムをアップグレードするためのコストやリソースを低減し、ダウンタイムを短縮することが可能です。Keysight 10946Cの環境補正機能をシステム内に構成することにより、環境の変化に対してシステムの確度と再現性を最大限にすることができます。表面が精密でスムーズに仕上げられた部品の製造が行えます。