検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

10757D 物体温度センサ、5mケーブル

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

概要

Keysight 10757D温度センサは、測定対象物の温度をモニタできます。このセンサは、VMEbusやPC互換のレーザ干渉計システムで使用され、温度変化を検出して自動的に熱膨張による誤差を補償できます。Keysight 10757Dには、5メートルのケーブルが付属しています。15メートル・ケーブル付きのKeysight 10757E、あるいは25メートル・ケーブル付きのKeysight 10757Fを選択することもできます。

Keysightのレーザ測定システムは、Keysight 10757Dセンサなどの温度補償機能を持ったコンポーネントを使用しており、製品の品質と信頼性を高め、精度の高い製品の生産を可能にします。

  • 機器の熱膨張を自動的に補償します。
  • システムの確度と再現性を高めます。
  • レーザ干渉測定システムの適用範囲を広げます。
  • 高い信頼性(保証:3年間)