検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

4395A ネットワーク/スペクトラム/インピーダンス・アナライザ、10Hz - 500MHz

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

主な特長と仕様

主な特長

  • 高性能なネットワーク、スペクトラムおよびインピーダンス・アナライザを1台に統合
  • IBASIC内蔵]
  • GPIBポート、デジタルI/Oポート

ネットワーク・アナライザ

  • 周波数レンジ:10 Hz~500 MHz]
  • 115 dBダイナミック・レンジ(10 Hz IFBW時)
  • ±0.05 dB、±0.3°のダイナミック確度

スペクトラム解析

  • 周波数レンジ:10 Hz~500 MHz
  • -145 dBm/Hzの感度(10 MHz時)
  • タイムゲーティッド・スペクトラム解析オプション(4395A-1D6)

インピーダンス解析(オプション4395A-010)

  • 周波数レンジ:100 kHz~500 MHz
  • 等価回路解析機能
  • ±40 Vまたは± 100 mA DCバイアス(オプション4395A-001)

概要

4395Aでは、ラボ/製造アプリケーションに対応する高度なベクトル・ネットワーク測定、スペクトラム測定、インピーダンス測定(オプション)が可能です。コンポーネントや回路の評価に通常必要とされる利得、位相、群遅延、歪み、スプリアス、CN、雑音の測定を、1台で行うことができます。

4395Aとテスト・セットを組み合わせれば、リターン・ロス、SWR、Sパラメータなどの反射測定が可能です。ベクトル・ネットワーク・アナライザとしては、4395Aは10 Hz~500 MHzのレンジで、1 mHzの分解能で動作します。内蔵のシンセサイズド信号源は、-50~+15 dBmのパワーを0.1 dBの分解能で出力できます。ダイナミック振幅と位相確度が±0.05 dBと±0.3 度なので、最新の電子システムでは重要性が高まりつつある利得や群遅延のフラットネスを正確に測定できます。

スペクトラム・アナライザとしては、4395Aは10 Hz~500 MHzのレンジで、1 Hz~1 MHz (1-3-10ステップ) の分解能帯域幅 (RBW) で動作します。フルシンセサイズド局部発振器により、安定した高確度の周波数解析が可能です。ログアンプを使用しない直接A/D変換により、±0.8 dBのレベル確度が実現します(50 MHzで、-20 dBm)。ノイズ・サイドバンドは搬送波から100 kHzのオフセットで-100 dBc/Hzを下回りますが、感度は10 MHzで-145 dBm/Hzです。

注記:プリンタとの互換性については、 ここをクリックしてください。

スペクトラム・アナライザ:アクセサリ